ジャッキー・ボリンジャーの検証~利幅10%超えの大幅プラス

ジャッキー・ボリンジャーのフォワードテスト開始から86週間経過後の
USDJPY,EURUSD,EURJPYの通貨ペア毎の収支曲線の推移をお見せします。

USDJPYはデフォルトのパラメーターでの運用、
EURUSDとEURJPYは特典として無料プレゼントしている
オリジナルパラメーターでの運用です。
jb16091801

前回は+68.58%でしたが、今回は+78.66%となっており、
この1週間で、+10.08%の増加となりました。

最近は小幅の損益が続いていましたが、
先週は久し振りに10%超えの大幅プラスで終わってくれました。

通貨ペア別で見ると、
EURUSDはレンジ相場の影響もあってマイナスで終わっていますが、
USDJPYとEURJPYが共に好調で収益を伸ばしています。

最近の円関連の通貨ペアのボラティリティと
ジャッキーボリンジャーのロジックは相性が良さそうなので、
この調子が続けば、来週あたりには収益80%超えもありそうです。

以下は通貨ペア別のトレード概要です。
jb16091802
フォワードテストは去年の1月に開始していますので、
現在までで約20ヶ月経過した事になります。

その間に、USDJPYは459回、EURJPYは437回、EURUSDは304回の
トレードを行っていて、トータルでは1200回もの回数を重ねており、
かなり信憑性のあるデータといえるでしょう。

それを踏まえて上記の概要を見てみると、
勝率は各通貨ペアともに6割台をキープしており、
バックテスト時と同様となっていて、
フォワードテストで崩れるようなことはありませんでした。

また、合計の獲得PIPSは、
USDJPYで963PIPS、EURJPYで677PIPS、EURUSDで417PIPS、
総合計では、約2000PIPSほどとなります。

これまで20ヶ月間の運用で2000PIPSの獲得という事は、
月平均だと100PIPSほどの獲得という計算になりますね。

ナンピンとマーチンゲールを繰り返すような、ギャンブル的なEAに頼らなくても
ロジックのしっかりしたトレンドフォロー系のEAでポートフォリオを組めば、
これだけの成績は残せます。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ