FX MISSION ZERO検証~クロス円のショートで逆指値エントリー戦略

トランプラリー以降、日足レベルの一方的な円売りが1ヶ月以上も継続し、
クロス円に関しては、どこまで上昇トレンドは伸びていくのか
と思っていましたが、12月中盤以降にようやく崩れてきましたね。

最近のFX MISSION ZEROの記事でも何度か書きましたが、
ここから大口の利食い売りなどの調整が一斉に起きれば、
クロス円でMISSION 001のショートの勝ちパターンが
大量に発生する可能性はありました。

しかし、逆の見方をすれば、
来年1月のトランプ大統領誕生までは続くと言われている
トランプラリーの強さを考えれば、調整は一時的に終わってしまい、
すぐに上昇トレンドに復帰する可能性もありました。

また、年末に向けては、
イレギュラーな動きや動意薄相場なども考えられるので、
この時期からのトレードは難しいですね。

個人的には上記の要素を鑑み、慎重に対応したつもりですが、
そのトレーディングを以下に掲載します。

(下記チャートには、ロングのシグナル出現時のローソク足に上向き青色矢印
 ショートのシグナル出現時のローソク足に下向き赤色矢印がありますが、
 これらは私からの特典としてお渡ししている
 「MISSION 001 エントリーお知らせインジケーター」によるシグナルであり、
 FX MISSION ZEROの商材本体には付いていません)


NZDJPYの日足チャート
nzdjpy1d16122801
横向き赤色矢印はショートエントリーした位置で
横向きピンク色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

綺麗な上昇トレンドが続いた後に、長い陰線が出現して
ショートのシグナルが発生しました。

とりあえずクロス円での最初のエントリーでしたので、
様子を見つつの1ポジションだけでしたが、
翌日に指値利確に到達して終了となりました。


AUDJPYの日足チャート
audjpy1d16122802
横向き赤色矢印はショートエントリーした位置で
横向きピンク色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

タイミングとしては、MISSION 001のシグナルが
ギリギリ発生した状態である事が分かりますね。

私としてもこのシグナルには自信が持てなかったので、
ちょっとしたテクニックで、
シグナルが発生したローソク足の安値の少し下あたりに
逆指値で売りのエントリーを仕掛ける戦略をとりました。

つまり、そのまま下げてくれればショートポジションを持つ事になりますし、
上げるようならエントリーせずに取り消すようにするわけです。

結果的には、そのまま下げてくれてショートポジションを持ち、
翌日に利確決済して終了です。


USDCADの日足チャート
usdcad1d16122803
横向き青色矢印はロングエントリーした位置で
横向きマゼンタ色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

こちらの通貨ペアはクロス円ではないですが、
サインが出たのでロングエントリーしてみました。

調整のCAD売りの流れに乗ったトレードでしたが、
ドル買いと共に、そのままV字回復していますね。


EURCADの日足チャート
eurcad1d16122804
横向き青色矢印はロングエントリーした位置で
横向きマゼンタ色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

エントリー前の下降トレンドはあまり綺麗とは言えないですが、
CAD売りの流れが起きている事が分かっていたので、
その継続性に賭けてのトレードです。

こちらも1ポジョションのみでしたが、
その日のNY時間には決済位置まで到着しました。


結果、今回トレード終了まで行ったのは、この4つです。
result16122805
各通貨ペア別の獲得PIPSを見てみると、
NZDJPYは、+83.9PIPS
AUDJPYは、+64.3PIPS
USDCADは、+63.9PIPS
EURCADは、+82.4PIPS

という結果になりました。

トータルでは、+294.5PIPSの獲得です。

ちなみに、上記のトレード結果には
[cancelled]と記載されている通貨ペアもありますね。

これらは先にも少し書きましたが、
逆指値エントリーを仕掛けたんですが、
結局、その値まで下げなかったので、
エントリーを取り消した通貨ペアです。

チャートで見ると、以下のようになっています。

EURJPYの日足チャート
eurjpy1d16122806

CHFJPYの日足チャート
chfjpy1d16122807

ショートシグナルが発生したローソク足の安値のすぐ下に
オレンジラインが引いてあります。

この位置に逆指値のショートエントリーを設定したんですが、
結局、この位置を割ることなく、すぐに上昇トレンドに復帰したので、
逆指値を取り消し、これらの通貨ペアでのエントリーは控える事にしました。

一応確認ですが、この逆指値エントリー戦略は私個人のやり方で、
FX MISSION ZEROのマニュアルには載っていません。

慎重にトレードしたい方は参考にしてください。

勝ちパターンを実践するだけです。
FX MISSION ZERO 詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ