ジャッキー・ボリンジャーのUSDJPYの3週間分のトレードを公開します

1月下旬からジャッキー・ボリンジャーの検証をしているんですが、
現在までで約3週間ほど経過しており、それなりにデータが貯まってきましたので、
現状の成績を公開しておきます。

しかしその前に。。。

ジャッキー・ボリンジャーはUSDJPYとEURUSDが推奨通貨ペアとなっていて、
ほとんどの人がその推奨通貨ペアをデフォルトのパラメーターのままで
運用しているでしょう。

しかし、ジャッキー・ボリンジャーでは、そのロジックが公開されており、
パラメーターの変更がどのように成績に影響を与えるのかが、
明確に分かるようになっています。

そして、私は自作EAを作成するほどメタエディターを使っていますし、
また、ストラテジーテスターも頻繁に使っていますので、
自分の裁量トレーダーとしての感覚も加味して、
パラメーターを自分の納得のいくように変更して運用しています。

という事で私の場合は、ジャッキー・ボリンジャーを
USDJPY,EURUSD,EURJPYの3つの通貨ペアで利用しており、
それぞれが、
USDJPY(デフォルトのパタメーター設定値)
EURUSD(オリジナルパラメーター設置値)
EURJPY(オリジナルパラメーター設定値)
で、運用しています。

そして今回はまず最初に、USDJPYの成績をご紹介しておきます。

検証開始は、1月20日からで、約3週間ちょっと運用した成績の推移です。
JB15021501
運用開始から順調にプラスを積み重ねてきましたが、
2月10日に大きなストップロスにかかってしまって、一瞬下げていますね。

ジャッキー・ボリンジャーではストップの設定はもちろんしてあるんですが、
基本的にはストップにかかる割合はそれほど多くなく、
その前段階で損切りとなってトレード終了となる事がほとんどなのですが、
今回は運悪くストップにかかってしまいました。

しかし、全体としては2.56%のプラスですので、
まぁまぁのスタートといえるでしょう。

ちなみに、その間のポジション取りは以下のようになっています。

これはUSDJPYの1時間足チャートですが、
ジャッキー・ボリンジャーがどのタイミングでエントリーと決済をしたのかが
分かるようになっています。

BがBUYでロングポジションを取った位置、
SがSELLでショートポジションを取った位置ですね。
jb15021502
1月後半からは、USDJPYは見ての通りボックス相場でしたが、
そのボックス内でロングとショートをうまく切り替えていますね。

そしてこの間には、25回トレードを行っていて、
PF(プロフィットファクター)は、1.27となっているので、
やはり、まぁまぁの出来といえるでしょう。
jb15021503

もしも、2月10日の大きなストップロスがなければ、
もっと良い成績でしたが、こればかりは仕方ないですね。

たった3週間、25回分のトレードの成績ですが、
ほぼ想定通りの動きを見せており、現状は満足のいくものとなっています。

今後はボックス相場ではなくて、
4時間足レベル、日足レベルでトレンド相場となった時に、
どのような成績となるのかに注目しています。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ