私がこれまで作成した自作EA(自動売買)の特徴、方針、コンセプトなど

私がこれまで作成してきたオリジナルEAは全部で6種類あり、
それぞれがUSDJPY,EURJPY,EURUSDで動かす事を前提として
パラメーターを調整していますので、合計で6×3=18個のEAがあります。

既に昨年の中旬からデモ環境でフォワードテストをしており、
それなりに実績が確認できていますので、
もうそろそろ実運用してみようかと思っている段階です。

(どのようなEAが揃っているのか、
 その詳細についは今後記事にしていくと思います)

(本当は1月中にアルパリジャパンで運用する予定だったんですが
 先の破綻の影響でアルパリジャパンが使えなくなり、
 現在は、FXCMでフォワードテストを再開しているんですが、
 概ね好調に推移しています)

今回は私が作成するEAについて、
その特徴というか、方針というか、コンセプトみたいなものを
まとめてみたいと思います。
fxconcept

私はこのような方針でEAを作成します

  • 順張りトレンドフォロータイプ
  • ナンピン無し、マーチンゲール無し
  • 5分足から1時間足までに適用するデイトレ~スイング用
  • スキャルピングはしない
  • 勝率にはこだわらず

これらについて、簡単に説明しておきます。

順張りトレンドフォロータイプ

EAというのは、それを作成するプログラマー、トレーダーの
性格を色濃く反映しています。

私は自身の裁量トレードでも、逆張りはほとんどやらず、
順張りのトレンドフォロータイプのトレードを心掛けており、
そうした方針が最も利益が出やすいと思っているので、
EAにおいても当然、順張りトレンドフォロータイプのEAを作成します。

ナンピン無し、マーチンゲール無し

過去にナンピン、マーチンゲールタイプの市販EAで
金銭的、精神的苦痛を味わった私としては、
ナンピン無し、マーチンゲール無しは絶対条件です。

ナンピンしなきゃトータルでプラスにならないEAは論外ですね。

5分足から1時間足までに適用するデイトレ~スイング用

EAなので、デイトレとかスイングとかに分けて考える必要もないのですが、
これまでは、5分足~1時間足に適用するEAを作成してきました。

なぜかというと、これはバックテストにも関係してくるのですが、
十分なバックテスト期間で、十分なトレード検証回数をこなすには、
5分足~1時間足までが良いという印象を持っているからです。

これが4時間足や日足に適用するEAだと、十分な検証回数をこなせないんですよね。
そうしたバックテストの信頼性の意味からも、
5分足~1時間足用のEAが最適と思っています。

スキャルピングはしない

5~6PIPSにも満たない利幅で利確するEAというのは、
バックテストの段階では成績が良いですが、
いざ本番になると、スリッページが発生して、
成績が極端に悪くなるケースが多いです。

バックテストだけが好調で、本番で通用しないEAには、
スキャルピングタイプのものが多いという印象を持っています。

ですので、小幅利確のEAは作成しません。

勝率にはこだわらず

巷には、勝率8割、9割は当たり前、ほぼ10割を謳っているEAもありますが、
EAに勝率を求める意味が分かりません。

トータルでプラスになる事に意味があるのに、勝率に固執して
極端に損大利小となっているEAには、大きなドローダウンの危険性があります。

個人的には、勝率は5割前後で十分と思っています。

以上が私の作成するEAの方針、コンセプトです。

これらの方針は、今後EAをたくさん作成していくにつれて
多少修正されていくかもしれませんが、
現時点で作成しているEAでそれなりに結果が出ていますので、
基本的な大枠については、おそらく変わらないでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ