FX MISSION ZERO検証~スイングなのでファンダメンタルも考慮すると

今回は、クロス円の通貨ペアであるNZDJPYとEURJPYのトレードを紹介します。

どちらも円関連なので、相場がリスク回避、リスク選好という視点で動く時には
似たようなチャート形状を示す場合が多いですね。

以下のトレードは、7月中旬からポジションを持っていましたが、
ちょうどギリシャ問題と中国株の動向にトレーダーの注意が向いていて、
リスク名目でJPYが買われたり売られたりする展開が多かったです。

まずは、NZDJPYの日足チャートです。
NZDJPY1D15080401
横向き青色矢印はロングエントリーした位置で
横向きマゼンタ色矢印は手仕舞い位置を示しています。

(エントリーポイントの下にある上向き青色矢印は、私の特典としてお渡ししている
エントリーお知らせインジケーター」によるシグナルです)

横向き青色矢印が3つある事がお分かりいただけると思いますが、
このトレードでは、3分割での指値によるロングエントリーとしています。

エントリーした後は一旦大きく下落しましたが、
直近の安値に並んだあたりで下げ止まり、何とかストップにかかることなく
反転上昇に転じてくれました。

そのまま上昇トレンドへ移行する事はなかったですが、
ボックス相場的なチャート形状となって
その上限付近で3ポジションとも手仕舞う事ができました。


次に、EURJPYの日足チャートです。
EURJPY1D15080402
ギリシャ問題で振らされしまい、あまり綺麗なチャートではなかったですが、
このトレードでは4ポジションでの指値による分割エントリーとなっています。

エントリーした当日に急騰して、1ポジションだけ利確指値にヒットしましたが、
その後は急落してしまい、残りの3ポジションは
取り残されたような状態になってしまいました。

しかし、直近安値を下回る事なく、再び上昇に転じてくれて、
残りの3ポジションは、ほぼエントリー値付近で撤退する事になりました。

結果、先週にトレード終了まで行ったのは、上記2つです。
result15080407
分割エントリー、分割決済なので、勝ち負けの基準をどこに置くか難しいですが、
各ポジション別の獲得PIPSで見てみると、
NZDJPYは、-19PIPS、+38PIPS、+74IPS
EURJPYは、+110PIPS、-33PIPS、-4PIPS、+2PIPS

という結果になりました。


実は、上記2つ以外にもMISSION 001のシグナルが出た通貨ペアがあったんですが、
以下の2つは見送りました。

AUDUSDの日足チャート
AUDUSD1D15080403

USDCADの日足チャート
USDCAD1D15080404

なぜこれらのシグナルを見送ったのかというと、
ドルストレートだったからですね。

直近の相場では、ギリシャ問題、中国株の話題が徐々に収まってくるのと同時に
今度は米の金利動向に市場の目が行くようになっていました。

つまり、米の利上げの時期が話題となりつつあり、
となると、ドル買いが強まってくる可能性もあると思ったので、
上記の2つの通貨ペアに関しては、エントリーを見送ったわけです。

ドル買いが強まれば、AUDUSDは下降トレンド、
USDCADは上昇トレンドになりますからね。

多少はファンダメンタルの知識もあった方が
スイングトレードには有利になるでしょう。

勝ちパターンを実践するだけです。
FX MISSION ZERO 詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ