パラダイムトレーダーFX~ストップの位置を間違えましたが

今週に入ってからは、行き過ぎたリスク回避の巻き戻しで
円売りのリバウンド相場となっていましたが、
昨日は再び円買いが優勢となりましたね。

それに合わせて、クロス円は一斉に下げ出しましたが、
やはり現在の相場環境では、買い戻しのリバウンドに乗るよりも
本道である円買いの流れに乗った方が安心感があるでしょうか。

という事で、昨日はパラダイムトレーダーFXで
クロス円のショートを仕掛けてみました。


GBPJPYの5分足チャート(クリックで拡大)
gbpjpy5m16021701
(横軸の時間は+7時間で日本時間になります)
最初の横向き赤色矢印でショートエントリーして、次の横向き赤色矢印で決済です。

パラダイムトレーダーFXでのチャートでは、水平の青色ライン赤色ラインがあり、
青色ラインを越えたらロングを仕掛ける準備、
赤色ラインを割ったらショートを仕掛ける準備をします。

上記チャートを見ると、まずロンドン時間の初動に
水平の青色ラインを微妙に超える動きとなっていますが、
パラダイムトレーダーFXのマニュアルに従えば、
これでロングを仕掛けることにはなりませんね。

それから約1時間後に、今度は水平の赤色ラインを割っていますが、
割ってからすぐにショートエントリーするのではなく、
しばらく様子を見てからエントリーしていますが、これもマニュアル通りですね。

エントリー後は順調に下降トレンドが継続してくれましたが、
日本時間の深夜の24時を回ってしまい、
チャートを見続ける事ができなくなったので、
ストップを設定してパソコンを閉じました。

その結果、翌日の早朝に決済されてトレード終了となっています。


EURJPYの5分足チャート
eurjpy5m16021702
最初の横向き赤色矢印でショートエントリーして、次の横向き赤色矢印で決済です。

この通貨ペアもクロス円なので、先のGBPJPYと同じような動きをしましたが、
エントリーとしてはこちらが先となっています。

同じように赤いカラーバンドの下で推移していて、
順調に含み益を拡大していったんですが、
赤いカラーバンドの中へ戻った時に決済しておけば良かったですね。

この日は円買いの動きと分かっていて、他のクロス円も下げ傾向にあったので、
もう少し粘れば、再度下げてくれると思って決済を遅らせたんですが、
ストップの逆指値の位置が近過ぎて、そこへかかってしまい、
小幅の決済となってしまいました。

決済後の動きを見ると、予想通り再度下げていますので、
このトレードは明らかに私のストップ設定ミスですね。


結局この日は2回トレードを行い、合計+140.9PIPSの獲得となりました。
result16021703

複数の通貨ペアを同時に監視していれば、
現在、どの通貨を主体とした動きなのかは、ある程度分かりますが、
今の相場状況ならば、円買いの流れに乗る事が最も分かりやすいでしょうか。

支持線、抵抗線に着目したトレード手法
パラダイムトレーダーFXの詳し過ぎるレビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ