GenesisTraderのフォワードテスト~日足チャートとの関係は?

GenesisTraderのフォワードテストについては、
現時点では毎週必ずというわけではなく、
月に約1回ほどのペースで不定期に掲載していくつもりです。

そして今回は、フォワードテスト開始から18週間経過後の成績となります。
genesistrader16032601
現在までで、-0.94%の減少となっています。

もう少しで±0まで回復するんですが、なかなか届きませんね。

前回のGenesis Traderの記事から約1ヶ月経過したんですが、
スキャルピングロジックが思ったほど発動していなくて、
エントリー回数が少ない印象です。

では今回は、
Genesis Traderのポジション別の獲得PIPS数の推移を確認してみましょう。
genesistrader16032602
緑色グラフは、ロングポジョションの獲得PIPSの推移、
赤色グラフは、ショートポジションの獲得PIPSの推移です。

こうして見てみると、明らかにロングポジョションの成績が良くて、
ショートポジションの成績が悪いですね。

つまり、ロングだけで運用していれば大幅プラスだった事になりますが、
これはチャートの形状と関係があるんでしょうか。

Genesis TraderはEURUSD専用のEAなので、
EURUSDの日足チャートを確認しています。
eurusd1d16032603
Genesis Traderを稼働させたのは11月下旬からですが
それ以降のEURUSDは、上下に大きく振れながらも
上昇トレンドになっている事が分かりますね。

やはりこのようなチャート形状の時には、
ロングポジョションの方が有利に作用するようです。

日足チャートに限らず、4時間足や1時間足のチャート形状なども確認しつつ、
明確なトレンドの時だけ稼働させれば、それなりの成績も期待できそうですが、
あまり面倒な作業はEAではやりたくないですね。

3つのロジックを内蔵したマルチEA
GenesisTraderの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ