デブトレFXでのトレード~リスク回避の動きに乗って

年初から地政学的リスクが意識されており、
市場はリスク回避の動きが強まっていますね。

このようにリスク主体の動きになると、
ドル円とNYダウの相関性は増してきます。

具体的には、リスク選好となると、円が売られてドル円は上昇しますし、
NYダウは買われて上昇する傾向にあります。

また、リスク回避の動きとなると、円が買われてドル円は下降しますし、
NYダウは売られて下降する傾向にあります。

つまり、リスク選好ではドル円もNYダウも上昇、
リスク回避ではドル円もNYダウも下降する傾向にあるので、
デブトレFXの手法は効きやすくなります。

昨日もリスク回避の動きが中心でしたので、
デブトレFXのトレードはやりやすかったのではないでしょうか。

まずは、ドル円の5分足チャートです。
usdjpy5m16010601
黄色い丸で下向き赤色矢印が囲ってありますが、
これがデブトレFXにおけるレンジ内での逆張りサインです。

この日もリスク回避の動きが中心となっており、東京時間には調整で戻したものの、
メインは下向きの動きと思っていたので、
この逆張りショートのサインは心理的にもエントリーしやすかったですね。

私は横向き赤色矢印の位置でショートエントリーして、
次の横向き赤色矢印の位置で利確して終了となりました。

その後、茶色で表されている雲(下値支持線)付近で、
上向き青色矢印が出現していますが、
この日のメイントレンドは下方向だったので、これらのサインには乗れませんね。

次に、NYダウの5分足チャートです。
nydow16010602
NYダウの場合は茶色の雲のブレイクでエントリーしますが、
上向きにブレイクすると、上向き青色矢印のサインが出現し、
下向きにブレイクすると、下向き赤色矢印のサインが出現するようになっています。

この日は、黄色い丸で囲ってある上向き青色矢印の出現で
ロングエントリーして損切り終了、
そして、次の黄色い丸で囲ってある下向き赤色矢印の出現で
ショートエントリーして利確終了までいきました。

最初のロングエントリーから次のショートエントリーへの切り替えは、
ドテンのような感じになりましたが、
やはり、リスク回避のショートが本命でしたね。

result16010603
結果この日は、3回トレードを行って2勝1敗、+69.3PIPSの獲得となりました。

(ちなみに、NYダウの場合も値幅をPIPSと呼んで良いのかよく分かりませんが、
 このブログではPIPSとして単位を統一して記入する事にします)

現在の相場状況だと、もうしばらくはリスク主体の動きが継続しそうですので、
デブトレFXの手法も十分に機能しそうです。

ドル円とNYダウの相関性に着目した手法
デブトレFXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ