FX MISSION ZERO検証~よくある質問への回答(その2)

前回のFX MISSION ZEROの記事に引き続き、
今回も頻度の多い質問に対する回答をシェアしておきます。

Q.MISSION 001でトレードする場合、
リスクリワード比はどのくらいにになりますか?

A.今まで書いてきたFX MISSION ZEROの
個別記事でのトレード結果を見てもらえれば
だいたい見当がつくと思いますが、
リスクリワード比は、おおよそ0.5~0.8程度になると思われます。

手法の特性上、損大利小になりやすい傾向にありますが、
その分、高勝率で利益を積み上げることになります。

Q.MISSION 001を日足チャートで用いると、
1日あたりどのくらいシグナルが発生しますか?

A.その時のチャート形状によっては、20個の通貨ペアを監視していても、
MISSION 001のシグナルが全く出ない日が何日も続くケースもありますし、
逆に、1日でシグナルが3通貨ペア以上同時に出る日もあります。

よって、1日あたりで平均するのは難しいですが、
私のこれまでの経験から大雑把に判断すると、
20通貨ペアの監視で、1日約0.5回ほどシグナルが発生すると思われます。

Q.FX MISSION ZEROでは週単位の負け越しや
月単位の負け越しは有り得ますか?

A.FX MISSION ZEROは、日足を執行時間軸にしたスイングトレードですので、
週単位で負け越すケースは普通に有り得ます。

というか、週単位で必ず勝ち越すスイング手法は、
おそらくこの世に存在しないと思います。

月単位になると、必然的にトレード回数が増えることになり、
そうなると、統計的、確率的な意味で、
手法の優位性が目に見えてくるので、
それほど負け越すケースはないと思いますが、
こちらも必ず勝ち越すとは断言できません。

Q.日足でトレードする場合、日足が確定する日本時間の早朝すぐに
チャートを確認してエントリーすべきですか?

A.いいえ、そんなに厳密に取り組む必要は無く、
午前中の空いている5分ほどの時間を使ってチャートチェックして、
エントリーするかどうか決める、というやり方で十分です。

とりあえず今回の回答は以上とします。

では、今回分の4トレードを掲載します。

(下記チャートには、ロングのシグナル出現時のローソク足に上向き矢印、
 ショートのシグナル出現時のローソク足に下向き矢印がありますが、
 これらは私からの独自特典としてお渡ししている
 各種の『エントリーお知らせインジケーター』によるシグナルであり、
 FX MISSION ZEROの商材本体には付いていません)

(他様のブログでFX MISSION ZEROを既に購入済みであり、
 この『エントリーお知らせインジケーター』のみをご希望の方は、
 ブログ上部メニューの「独自特典のみの購入方法」を参照ください)


GBPUSDの日足チャート(MISSION 001)
gbpusd1d17101401
横向き赤色矢印はショートエントリーした位置で
横向きピンク色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

9月上旬からポンド買いによる上昇トレンドとなっていましたが、
9月下旬あたりからはEU離脱交渉の難航が表面化して
ポンド売りに転換したんでしょうか。
(数週間前のファンダはあまり覚えていません。。。)

そのトレンド転換を捉えてのエントリーでしたが、
ルール通りの位置で利確終了です。


EURGBPの日足チャート(MISSION 001)
eurgbp1d17101402
横向き青色矢印はロングエントリーした位置で
横向きマゼンタ色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

長い下降トレンドが終わったあたりで
上向き青色矢印が出現しています。

これを確認してロングエントリーとなりましたが、
エントリー位置がちょっと高めだったために、
ポンド関連の通貨ペアのわりには、
それほど大きな利益にはなりませんでした。


GBPAUDの日足チャート(MISSION 001)
gbpaud17101403
横向き赤色矢印はショートエントリーした位置で
横向きピンク色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

こちらもポンド関連の通貨ペアですが、
上昇トレンドから調整の下落へ移行するタイミングをうまく捉えています。

ちなみに、9月中旬には上向き青色矢印がありますが、
これはMISSION 002によるブレイク系のシグナルですが
こちらにはエントリーしていません。


NZDUSDの日足チャート(MISSION 003)
nzdusd1d17101404
横向き青色矢印はロングエントリーした位置で
横向きマゼンタ色矢印は手仕舞いした位置を示しています。

チャートを見てもらうと分かるように、
9月初旬の安値と並んだあたりで、且つ、
ボリンジャーバンドも横ばいとなりレンジ相場となっていたので、
下値が堅いと想定してのMISSION 003でのロングエントリーでしたが、
すぐに割れてしまいました。。。

結局、ストップにかかって損切り終了です。


今回トレード終了まで行ったのは全部で以下の4つです。
result17101405
各ポジション別の獲得PIPSで見てみると、
GBPUSDは、+78.0PIPS
EURGBPは、+45.0PIPS
GBPAUDは、+106.3PIPS
NZDUSDは、-65.4PIPS

という結果になりました。

トータルでは、+163.9PIPSの獲得です。

今回はポンド買いからポンド売りへ転換する動きが明確だったので、
それに乗ったトレードが多かったですね。

ポンド関連の通貨ペアはボラティリティが高いものが多いので、
分割エントリーできれば大幅利益も期待できるんですが、
今回は全て1ポジションのみでした。

勝ちパターンを実践するだけです。
FX MISSION ZERO 詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ