ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝~ダウ理論を有効活用

この「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」は
発売されてからすでに1年以上経っているんですが、
読者様からレビューの依頼があり、その内容を確認したところ、
かなり本格的なもので、推奨できるレベルにあると判断できましたので、
今回新たに紹介したいと思います。
pu-sansiki15021301

私は自分でトレードを行う時には、
基本的にはデイトレというスタイルを採用しており、
FX商材に関しても、デイトレを扱っているものを優先して購入しているんですが、
この「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」に関しては
4時間足チャートをメインにしたスイングトレード手法を採用しています。

しかも、インジケーターの類はほとんど使わずに、
ダウ理論だけで手法を構築しています。

インジケーターに関しては、商材の中では一応触れられており、
トレードルールでは “使ってもよい” とはなっていますが、
決して必須ではなく、使わなくても手法構築には差し障りがないとしており、
インジケーターに対する依存度はかなり低めになっています。

トレーダーの中には

インジケーターを使わないとチャート分析ができない!

と思っている人もいるようですが、
それは偏見でしかなく、昔から有効度が示されているダウ理論だけでも
このように十分に手法たりうる事を知ってほしいですね。

そして、実際のエントリーポイントに関しては、かなり絞っている印象を受けます。

ダウ理論というチャート形状に依存するエントリーポイントですので、
多少は裁量の余地を含みますが、
商材の中で提示されている数多くのサンプル例を視聴していけば、
エントリーポイントに関しては、徐々に理解できるようになるでしょう。

具体的なルールはもちろん書けませんが、
現状のチャートでいうと、以下のEURJPYの4時間足チャートなどは
なかなか良い形状になっていますね。
pu-sansiki15021302

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝では
このチャート形状から、
もうワンアクションあれば
ロングを仕込めるようになります。

また、以下のGBPUSDの4時間足チャートでは、うまくロングを仕込めた初期段階で
含み益拡大中というチャート形状になりますね。
pu-sansiki15021303

スイングトレードをメインにした商材というのはあまりありませんし、
私自身もそれほど購入しているわけではないんですが、
現在販売されているスイング専門の商材の中では、
かなり本格的で王道な部類に属するものでしょう。

デイトレーダーのサブ手法として、
または、まとまった時間が取れない主婦や残業の多いサラリーマンには
選択肢の一つとして考えてみたい商材だと思います。

ダウ理論を利用した本格的スイング手法です。
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝 詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ