トレテンワールドFXの検証~週足チャートのトレンドも関係する?

MT4でEA(自動売買)を開発するための言語は、
今のところは、MQL4とMQL5が存在しています。

元々、MT4で稼働させる用のEAは、MQL4で書かれていましたが、
後に、MT5が発表されて以降は、それに合わせてMQL5という言語も
登場しました。

しかし、ご存じの方も多いと思いますが、
世界中でMT4が圧倒的に普及してしまったことが裏目に出たのか、
上位バージョンであるはずのMT5はほとんど普及していません。

なぜ普及しないのか、、、
その原因は互換性の低さにあります。

要するに、MT4で実行できたものが
MT5に移行すると実行できないケースが多いんですね。

これまで様々な資源、資産を
MT4ベースで作成してきた開発者にとっては、
それらを今さらMT5用に作り直す手間と時間は
膨大なものになってしまうので、やりたくないでしょう。
(私もやりたくないです)

これは私のような一個人だけではなく、
それこそ、ソフトウエア開発を手掛けている会社であっても、
プラットフォームを提供しているFX会社であってもです。

互換性の低いMT5用に自社のソフトウェアを作り直すくらいなら
MT4のままで良いと判断するのは妥当です。

なので今後も当分は、
MT4がプラットフォームの中心であり続けるでしょう。

ちなみに、
MQL5はMT4では稼働できるようにはなっていて、
下位互換性は保たれているようです。

、、、と前置きが長くなってしまいましたが、
前回のトレテンワールドFXの記事で、
この商材のロジックを再現したEAは、
ソースコード自体が提供されいて、
その中身は、MQL4とMQL5が混在している、
と書きました。

私がEAを開発するときにはMQL4で書いています。

MQL5については、それ専用の勉強はしていませんので
その構文を完璧に理解しているわけではありません。

しかし、これまでの何十年に渡るプログラミング経験があるので、
おおよその流れ、構文、などはそれなりに理解できます。

なので、トレテンワールドFXの既購入者の方は、
提供されているEAのソースコードの中身、意味について
私に質問してくださっても構いませんが、
MQL5に関連する質問に対しては、
私はそのディテールまでは踏み込めないことをご了承ください。

ということで、
トレテンワールドFXの期間限定EAと私からの独自特典「k-pinbarEA」の
フォワードテスト開始から104週経過後の成績を掲載します。

    テスト条件
    ・初期資金30万円

    ・トレテンワールドFXの期間限定EAを
     USDJPY、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペアで同時稼働
    ・取引枚数は、それそれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

    ・私からの独自特典「k-pinbarEA」を
     USDJPY、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペアで同時稼働
    ・取引枚数は、それそれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

    ・上記の合計6つのEAを一つのMT4上で同時稼働

今回の収益曲線(トレテンワールドFXの期間限定EA)
toreten19112801
ピンク色グラフは、USDJPY適用のEA
アクア色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、EURUSD適用のEA
そして、これら3つを合わせた総合の収益曲線が赤色グラフです。

104週間で364回ポジションを取り、
-23.63%合計-702.1PIPSの損失となりました。

数カ月前までは踏ん張っていましたが、
最近になって、再び収益曲線が下向きになりつつあります。

前回の記事では一旦の非稼働を提案しましたが、
それに従っていれば損失は免れていましたね。

もう少しで下割れする可能性もあるので、
引き続き、3つのEA全てで非稼働を推奨します。


今回の収益曲線(独自特典「k-pinbarEA」)
toreten19112802
アクア色グラフは、USDJPY適用のEA
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、EURUSD適用のEA
そして、これら3つを合わせた総合の収益曲線が赤色グラフです。

104週間で438回ポジションを取り、
-4.43%合計-129.5PIPSの損失となりました。

大底からの収益転換が継続していて、
直近でも上昇傾向にありますね。

最近の相場は低ボラティリティなので、
なかなか値幅が取れない状況の中、
かなり健闘しているといって良いでしょう。

こちらは引き続き、3つのEA全てで稼働を推奨します。


参考までに、
独自特典「k-pinbarEA」のEURUSD適用EAのポジション別成績と
週足チャートの関係性を見てみましょう。

EURUSDの週足チャート
eurusd1w19112801

EURUSDのポジション別成績
toreten19112804

ここ2年間のEURUSDは下降トレンドになっているのが分かります。

そして、ここ2年間の独自特典「k-pinbarEA」のEURUSD適用EAの成績は
ショートポジションが右肩上がりで、
ロングポジションが右肩下がりになっています。

綺麗に相関関係がありますね。

これは他の通貨ペアでも似たような傾向になっています。

週足なんて関係ないと思う方もいるかもしれませんが、
やはり、チャートが下降トレンドになっていると、
ショートのほうが有利に働きます。
同じく、
チャートが上昇トレンドになっていると、
ロングのほうが有利に働きます。

俯瞰的なトレンドって重要ですよ。

トレンド転換場面に特化した手法とは?!
トレテンワールドFXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ