ジャッキー・ボリンジャーの検証~利益率60%到達

ジャッキー・ボリンジャーのフォワードテスト開始から72週間経過後の
USDJPY,EURUSD,EURJPYの通貨ペア毎の収支曲線の推移をお見せします。

USDJPYはデフォルトのパラメーターでの運用、
EURUSDとEURJPYは特典として無料プレゼントしている
オリジナルパラメーターでの運用です。
jb160612

前回は+53.69%でしたが、今回は+60.86%となっており、
この1週間で、+7.17%の増加となりました。

これによってトータルの利益率が初めて60%超えとなり、
これまでの最高値を更新しています。

ジャッキーボリンジャーのテストは1年前の1月下旬から開始していますので、
約1年5ヶ月の経過でこの成績なら十分満足いくものでしょう。

良い時期も悪い時期も含めて、全てこのブログで包み隠さずに継続的に
記事にしていますので、時間があれば過去の記事も見てみてください。

その時その時の生の感想を書いていますので、
ジャッキーボリンジャーの運用に当たって参考になる部分も多いと思います。

では今回は、好調のけん引役であるUSDJPYの先週分の成績を見てみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートで、
ジャッキーボリンジャーがどこでエントリーと決済をしたのかを示しています。
jb16061202
(B)はロングエントリーの位置を示していて、青色点線の先で決済しています。
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

チャートの全般的な流れとしては、週初は上昇トレンドで、
徐々に緩やかな下降トレンドへと転換していますが、
概ね、良い位置でエントリーできていますね。

成績としては、5勝1敗1分となっていて、
今週は他の通貨ペアも似たような成績となっています。

ちなみにこれは、フォワードテストでの結果ですが、
今回は同じUSDJPYの、同じ場面でのリアルトレードの結果も載せておきましょう。

それが以下です。
jb16061203
見ての通り、先のフォワードテストとほぼ同一場面で
エントリーできている事が分かります。

ただ1ヶ所だけ、リアルトレードの方では、
週中に小幅な損切りトレードがあって、
そこだけがフォワードテストでのトレードとは違っていますね。

まぁ、テストとリアルではこのくらいの違いはあるものですが、
相変わらずリアルトレードの方も好調が継続しています。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ