ジャッキー・ボリンジャーの検証~USDJPY好調キープ

ジャッキー・ボリンジャーのフォワードテスト開始から20週間経過後の
USDJPY,EURUSD,EURJPYの通貨ペア毎の収支曲線の推移をお見せします。

USDJPYはデフォルトのパラメーターでの運用、
EURUSDとEURJPYはオリジナルのパラメーターでの運用です。
JB15061401

前回は-6.53%でしたが、今回は-2.58%となっており、
この1週間で+3.95%の増加となりました。

先週は黒田日銀総裁が
「実質実効レートでここからの円安はありそうにもない」
と発言した事で、USDJPYなどは一気に200PIPSほど下落しましたが、
運良く、その時にはジャッキーボリンジャーで
ポジションを持っている通貨ペアはありませんでした。

EAを運用するにあたってこのような突発的な出来事、材料が一番厄介なんですよね。

テクニカルを元にしてロジックを組んでいるのに、
テクニカル関係なしに振らされてしまうと、
何の優位性もないトレードになってしまいます。

今後も円安が続くようだと、口先介入が続きそうですが、
こればっかりはこちらで制御できないので、仕方ない面がありますね。

さて、先週はEURUSDの不調は相変わらずですが、
それを補うようにEURJPYとUSDJPYが好調をキープしています。

特にUSDJPYは安定的に上げてきていますね。

約1ヶ月前に日足レベルでの持合を抜けてブレイクした後は、上昇トレンドとなり、
それなりにボラティリティが大きい状態となっていますが、
現状のUSDJPYのボラティリティは大き過ぎず、小さ過ぎず、
ジャッキーボリンジャーにとっては最も都合の良い値幅具合なのかもしれません。

そのへんをチャートで確認してみます。

以下は、約1週間分のUSDJPYの1時間足チャートで、
ジャッキーボリンジャーがどこでエントリーしているかを示しています。
jb15061402
(B)はロングエントリーの位置を示していて、青色点線の先で決済しています。
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

途中、特大陰線がありますが、
ここが黒田日銀総裁が円安けん制発言をした場面ですね。

運よくこの場面でポジションを持つ事なく、それ以外のところでは
流れに沿って綺麗にポジショニングしている事が分かります。

結局先週は、8回エントリーして7勝1敗でした。

今後も口先介入に巻き込まれないよう願っています。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ