ジャッキー・ボリンジャーの検証~3通貨ペア全てが好調

ジャッキー・ボリンジャーのフォワードテスト開始から56週間経過後の
USDJPY,EURUSD,EURJPYの通貨ペア毎の収支曲線の推移をお見せします。

USDJPYはデフォルトのパラメーターでの運用、
EURUSDとEURJPYは特典として無料プレゼントしている
オリジナルパラメーターでの運用です。
jb16022101

前回は+21.5%でしたが、今回は+33.18%となっており、
この1週間で、+12.3%の増加となりました。

最近は、何かしらの通貨ペアが不調だったが他の通貨ペアで挽回する、
というパターンが多かったですが、
先週は久しぶりに、USDJP、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペア全てが好調でした。

相場としては、相変わらずボラティリティは高いですが、
チャートの形状としては、トレンドが明確な1週間だったので、
ジャッキーボリンジャー的には取り組み易かった週だったんでしょう。

USDJPYに関しては、先々週にストップ幅最大の損切りとなってしまいましたが、
先週の好調によって、早くも収支は元に戻っていますね。

そのあたり、USDJPYのチャートを確認してみましょう。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートで、
ジャッキーボリンジャーがどこでエントリーと決済をしたのかを示しています。
jb16022102
(B)はロングエントリーの位置を示していて、青色点線の先で決済しています。
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

週を通しての値幅は240PIPSほどあり、
USDJPYにしては、まだボラタイルな状況が続いていますが、
16日の火曜日以降は綺麗な下降トレンドとなっています。

16日には2回連続でショートして上手く利確できていますね。

ジャッキーボリンジャーのエントリー位置としては、
逆張り的にポジションを取っていくので、タイミングがあえばこのように、
下降トレンドの中、一瞬上がったところでショートして下げたところで利確
を繰り返す事もあります。

また、17日のロングは危なかったですが、
少し持ち上げたところでうまく逃げていますね。

結局先週は、5回ポジションを持って5連勝となりました。

USDJPYは日足レベルでの下降トレンドが続いていますので、
ジャッキーボリンジャーは今後もショート中心にポジションを取っていくでしょう。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ