Ava Swing Systemの検証~年初からフォワードテストのやり直し

Ava Swing SystemはスイングタイプのEAなので、
それほど頻繁にトレードを繰り返すわけではありません。

バックテストとこれまでのフォワードテストから判断すると、
EURJPY適用EA、GBPJPY適用EA共に
週1回程度のエントリーとなります。

今年も約1ヶ月ほど経過しましたが、
Ava Swing Systemはまだ合計9回しかエントリーしていません。

さらに、去年末の記事でも書きましたが、
私がEA群の稼働用に利用していたFX会社(OANDA Japan)のシステム変更により、
アカウントが強制的に変更させられましたので、
今年からAva Swing Systemのフォワードテストもやり直しになります。

よって、フォワードテストの収益曲線としては、まだ”描き不足”ですが、
一応、テストを続けている証拠として今年分から載せておきます。

去年までの成績(40週間分)を確認したい場合は、
Ava Swing Systemの検証~追加のポジションはナンピンなのか?
この記事をご参照ください。

ということで、
Ava Swing Systemのフォワードテスト再開から
4週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今週までの収益曲線
ava19021001
紫色グラフは、EURJPY適用のEA
ピンク色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

4週間で9回ポジションを取り、
-0.23%合計-69.1PIPSの損失となりました。

今回はマイナス収支でしたが、去年までの成績も考慮すると、
トータルではプラス収支となります。

今年に入ってからは、まだ取引回数が少ないですし、
年初にはイレギュラーなアップルショックがありましたので、
スイングタイプのAva Swing Systemにとっては、
調子云々を言う時期ではないでしょう。


参考までに今年以降の全ポジショニングを確認しておきます。

以下、
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

EURJPY適用のEA
ava19021001

GBPJPY適用のEA
ava19021003

どちらもクロス円なので、
年初のアップルショックによる大暴落が印象的で、
現在はそこからの回復相場、戻り試し相場といった感じでしょうか。

上記2つは、似たようなチャート波形となっていますが、
EURJPY適用のEAとは相性が悪く、
GBPJPY適用のEAとは相性が良いようですね。

とりあえず、去年までの流れを引き継いで、
EURJPY適用のEAは非稼働で、
GBPJPY適用のEAだけを稼働させる事を推奨します。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ