OANDA Japanの【v20】への移行に伴いアカウントIDが強制変更される!

OANDA Japanに口座開設している方には

【重要】OANDA Japan NYサーバーにおける
 新取引システム【v20】への移行および口座移管のお知らせ

というお知らせメールが届いていると思います。

OANDA JapanでEA(自動売買)をやっている方には影響大ですので、
今一度確認しておいてください。

OANDA Japanのホームページからも
以下のような、同内容のお知らせが掲載されていますので、
そちらから確認しても良いでしょう。
oanda18122201

このお知らせはどういう意味なのか、
要点を箇条書きにまとめると、

  • お客様のアカウントを、次世代の取引システム【v20】へ
    随時切り替えていく。
  • 【v20】への移管に伴い、
     [MT4 HEDGING]と表記されているアカウントは、
    移管実行日前にポジションを強制決済する。
  • 【v20】への移管に伴い、
    [MT4 HEDGING]と表記されていないアカウントは強制決済されない。
  • 【v20】と付いていないアカウントは
    【v20】のアカウントへ強制移管されて
    その際、新しいアカウントID、ログインID、パスワードを付与する。

となります。

OANDA Japanではいくつかの取引システムがありますが、
その中でもMT4を使っていて、
更に、両建て設定しているアカウントには、
[MT4 HEDGING]と表記されているはずです。
oanda18122202
こんな感じです。

EA(自動売買)をする際には、MT4に複数のEAを設定し、
それぞれのEAが独自のロジックでポジションを持つので、
1つの通貨ペアでロングとショートの両方のポジションを
持つケースもあり得ます。

その為に、OANDA JapanでEA(自動売買)をする際には
[MT4 HEDGING]にしている方が多いと思いますが、
その方々は、今回の口座移管の対象者となっている可能性が高いです。

つまり、今使っている[MT4 HEDGING]表記のアカウントは、
来年1月中旬以降は使えなくなり、
新しいログインID、パスワードを付与された新しいアカウントIDへ
自分で移管する必要がありますので、注意してください。

そして、私もその対象者です。

残念ながら、私の自作EA、及び、商材関連のEAのほとんどは
OANDA Japanの[MT4 HEDGING]表記のアカウントで運用していたので、
それらを全て、新しいアカウントへ移行しなければいけません。

ということは、、、
これまで蓄えてきた取引履歴が引き継がれなくなり、
収益曲線は最初から描き直し、
データも最初から保存し直しになります。。。

tears18122203

過去にも何度かありました。

当初は、AlpariJapanでEAを運用していたんですが、
スイスフランショックでAlpariJapanは破綻となり、
EAを運用していた全てのアカウントが停止となり、
仕方なく全てのEAを別のFX会社へ移行するハメに。

そして、FXCMにEAの運用先を変えたところ、
今度は楽天証券とFXCMが経営統合してしまい、
またしてもEAを運用していた全てのアカウントが停止となり、
仕方なく全てのEAを別のFX会社へ移行するハメに。

そして、今度はOANDA JapanにEAの運用先を変えたところ、
新システムの導入でEA運用の全てのアカウントが停止になるとは。。。

OANDA Japanのカスタマーサービスセンターに
電話で問い合わせてみましたが、
アカウントIDの変更は避ける事ができないそうです。

ということで、残念ながら、
今回の口座移管を受けて、私の自作EA群、
及び、商材関連EA(Splash System、Ava Swing System)の
これまでのデータは引き継がれず、
最初からの計測、そして収益曲線の描き直しになります。

EA関連のグラフの推移を楽しみにして下さった訪問者様には
大変申し訳ないのですが、
年末年始にEA群の移行作業を行い、来年1月からは、
ほとんどのEAが一からのグラフ生成になる事をご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ