Ava Swing Systemの検証~EURJPY適用EAのドローダウンは収まった?

トルコ通貨危機がひとまず収まったかと思ったら
先週はイタリア予算問題も浮上してきて、
ユーロはボラティリティの高い状態が続いています。

最近の欧州は、ブレグジット問題が市場のテーマになっていて、
要人発言などで、ユーロは日和見的にその日の方向性が変わっています。

Ava Swing Systemはトレンドフォロー型スイング系EAなので、
できるだけ数日間はトレンドが続いてくれた方が
利益になりやすいんですが、
最近の不安定なユーロ相場との相性はどうなっているんでしょうか。

では、Ava Swing Systemのフォワードテスト開始から
33週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今週の収益曲線
ava18100701
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

33週間で66回ポジションを取り、
+7.28%合計+363.8PIPSの獲得となりました。

前回から小幅に獲得PIPSを増やしましたが、
上記の収益曲線を見ると、
EURJPY適用EAのドローダウンはようやく収まってきたでしょうか。

まだハッキリしませんが、
グラフの右肩下がりは収まって、
徐々に横ばいから上向きになりつつあるようにも見えますね。

リスク選好的にアクティブに運用するなら、
もうそろそろEURJPY適用EAを再稼働しても良いかもしれません。

で、もしも、上記グラフに引いたオレンジライン
割ってくるようならドローダウン再開と判断して、
再び非稼働に戻す、という運用の仕方が考えられます。

GBPJPY適用EAは大きな変化はないので、
引き続き稼働を推奨します。


では、
直近2週間分のEURJPY適用EAのポジショニングを振り返ってみます。
ava18100702
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

直近2週間では3勝1敗という成績となっており、
不安定なユーロ相場でありながら、
とりあえず、Ava Swing Systemのロジックとの相性は良さそうです。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ