SwingSystem for Developerは低ボラも好調キープで年末終了

今年も残りわずかとなってしまいましたが、
改めて振り返ると、今年はEAにとっては利益を上げにくい年でした。

その原因は通年続いた低ボラ相場です。

EAというものは過去チャートでのバックテストにより、
年単位での平均的なボラティリティで
利益を上げるようにしているものがほとんどなので、
今年のような例外的な低ボラ相場は想定していないでしょう。

私の自作EAも平均的なボラティリティを想定したEAがほとんどで
今年のような例外的な低ボラ相場は、
過去チャートのバックテストでのサンプル数も少なく、
ハッキリ言ってデータ不足なので、
バックテストが活きない相場付きだったといえるでしょう。

まぁ、言い訳です。。。

ですが、その反面、
EAプログラミングセミナー内でのサンプルEA
SwingSystem for Developer
は好調をキープしていますね。

プログラムの中身を見ても
特に低ボラ相場用の対策をしているわけではないですが、
今年9月に販売されて以降、大きなドローダウンも無く、
堅調な収益曲線を描いています。

そのあたり、今回も途中経過を掲載しておきます。

    フォワードテスト条件

    ・初期資金100万円
    ・単利0.1ロット運用
    ・パラメーターの変更なし

現在までの成績
pgseminara19122801
7月下旬からフォワードテストを行っているんですが、
現在まで約22週間経過したことになります。

その間、31回ポジションを取って、
収益率が+5.31%合計+530.8PIPSの獲得となっています。

収益率については、最初に設定した入金額によって
いかようにも変わってしまうので参考程度に見て下さい。

重要なのは獲得したPIPSとグラフの推移ですが、
現在までは大きなドローダウンもなく、
堅調な右肩上がりの収益曲線になっていますね。

7月下旬からのテスト開始ということは、
現時点で約5カ月経過したことになりますが、
その間に約530PIPSの獲得なので、
1か月平均だと、約106PIPS獲得ですか。

1つのEAで100(PIPS/月)なら十分だと思いませんか?
しかも、ナンピン、マーチンゲール無しですからね。

なぜ低ボラ相場でも有効に機能するのか、
プログラムをもう少し精査して、
その理由を探りたいですね。


参考までに、フォワードテスト開始以降の
月別獲得PIPSの推移を棒グラフで確認してみましょう。

まだまだトレード数が少ないので評価する段階にはないですが、
今のところは特に問題はないですね。

月に100PIPS程度の負けは全然許容の範囲内です。

また、バックテスト時よりもトレード数が少なくなっているのは
それこそ低ボラが関係しているんでしょう。

SwingSystem for Developerはトレンド相場用の手法であり、
まずは相場がトレンドになっていなければいけません。

しかし、低ボラがゆえにトレンド状態にならず、
そのためにエントリー条件に一致する頻度も
少なくなっているんですね。

今の相場状況を考えると、
来年以降も何かドラスティックな材料が出ない限りは、
現在の低ボラ相場が続きそうな雰囲気です。

そして、このまま低ボラ相場が続いたとしても、
SwingSystem for Developerは今の好調をキープできるのか、
楽しみでもあります。

あなただけのオリジナルのEAを作ってみませんか?
EAプログラミングセミナーの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ