EAプログラミングセミナー~クライアントページのレイアウト変更

販売開始からまだ間もないEAプログラミングセミナーですが、
クライアントページのレイアウトが大きく変更されました。

(クライアントページとは、
 購入者のための学習専用サイトのことです)

そこで、どのように変更されたのか、
そのレイアウトを確認しておきます。

以前のクライアントページでは、
学習内容をひとまとまりにしていましたが、
今回新しくなったクライアントページでは、
学習内容を3つに細分化して、
その目的を明確化しています。

具体的には、

  • ベーシック講座
  • アドバンス講座1
  • アドバンス講座2

というように分けています。

それぞれの講座の概要を説明すると、、、

ベーシック講座

easeminar19111001
ベーシック講座では、題材となっているEA
SwingSystem_for_Dveloper(EURJPY版)のソースコード解説、
及び、ロジック解説がメインとなっています。

ベーシック講座なので、初心者向けに1から解説されており、
まずはソースコードを理解することを目的としています。

しかし、ソースコード自体は結構な長さになっていて、
それらを一緒くたに理解するのは難しいので、
処理の区切り毎に分割して解説しています。

以下のような感じです。
easeminar19111002
このようにブロック毎に細かく分けて解説しているので、
段階を追って徐々に理解できると思います。

アドバンス講座1

easeminar19111003
アドバンス講座1では、SwingSystem_for_Dveloper(EURJPY版)
ベースにして、そこから様々なアイデア、ノウハウを付け足して
各人の好みの挙動をさせるようにEAを改修していきます。

現時点で提供されているノウハウは
複利機能、週末決済、口座縛り
等々で、これらのプログラミングの仕方が解説されています。

また、このアドバンス講座1のノウハウは
購入者から質問、依頼等があれば随時追加されるようです。

なので、もしあなたがEA開発におけるアイデアや
実現したいノウハウ等をお持ちならば、
それらをメールで質問してみると良いでしょう。

それらもここに追加されるかもしれません。

アドバンス講座2

easeminar19111004
アドバンス講座2では、他通貨ペアへの適用方法、
及び、最適化方法を学習します。

具体的には、
ベースとなっているSwingSystem_for_Dveloper(EURJPY版)から
SwingSystem_for_Dveloper(GBPJPY版)へ改修し、
最適化の仕方も解説されています。

ここでの方法を理解できれば、
更に別の通貨ペア用に改修することも可能になります。

以上、
クライアントページのレイアウト変更についての説明でした。

ちなみに、レイアウト変更の前後で
学習内容やソースコードの中身は変わっていません。

フォワードテストは好調

一応、現時点でのフォワードテストも載せておきましょう。

以下は題材となっている
SwingSystem_for_Dveloper(EURJPY版)の成績です。

    フォワードテスト条件

    ・初期資金100万円
    ・単利0.1ロット運用
    ・パラメーターの変更なし

現在までの成績
easeminar19111005
7月下旬からフォワードテストを開始し、
現在まで約16週間経過しました。

その間、24回ポジションを取って、
収益率が+5.69%合計+568.7PIPSの獲得となっています。

相変わらず好調をキープしており、
収益グラフも右肩上がりになっていますね。

これだけの成績を現在進行形で収めているEAのソースコード、
及び、そのロジックを知ることができるんですよ。

ありがたいですね。

あなただけのオリジナルのEAを作ってみませんか?
EAプログラミングセミナーの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ