EAプログラミングセミナー~EA学習だけでなく、EA運用にも使える

EAプログラミングセミナーとは、EAのソースコードを理解し、
自分でオリジナルのEAを開発することを目的とする商材ですが、
サンプルとして取り上げているEAは、
実際に稼働させることもできます。

よって、プログラミングの学習には興味がなくても
EA運用者なら購入を検討する価値はあります。

EAプログラミングセミナー内でのサンプルEAは、
SwingSystem for Developer
と名付けられていて、
EURJPY専用のスイングタイプのEAになっています。

EAのソースコードを学習する際、
実際に稼働するEAであることが望ましいですが、
更に、
実際に利益を上げているEAであれば申し分ないですね。

もちろん、EA運用の立場からしても、
実際に利益を上げているEAでなければいけません。

販売会社であるトレーディングオフィス社のサイトでは
「SwingSystem for Developer」のフォワードテストが
公開されていて、
そこで右肩上がりの収益を確認できます。

しかし、販売会社のフォワードテストをただ信用するだけは
面白みがないですし、考えが足りないですね。

私はEAプログラミングセミナーの購入後、
自身のVPS環境で「SwingSystem for Developer」を稼働し、
フォワードテストを続けていますので、
今回はその途中経過を掲載したいと思います。

    フォワードテスト条件

    ・初期資金100万円
    ・単利0.1ロット運用
    ・パラメーターの変更なし

現在までの成績
eadeveloper19101301
7月下旬からフォワードテストを行っているんですが、
現在まで約12週間経過したことになります。

その間、21回ポジションを取って、
収益率が+3.58%合計+358.0PIPSの獲得となっています。

収益率については、最初に設定した入金額によって
いかようにも変わってしまうので参考程度に見て下さい。

重要なのは獲得したPIPSの方ですが、
今のところは順調に積み重なっていますね。

まだ21回しかトレードしていないので、何とも言えないですが、
とりあえず、PFも1.60と高水準をキープしていて、
バックテストと同等の成績を残しています。


参考までに、
直近9月以降のポジショニングを確認しておきます。
eadeveloper19101302
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

見てのとおり、ここ1ヶ月くらいは
上昇トレンド、下降トレンド、上昇トレンド
という流れになっていますが、
トレンド転換時のダマシも少なく、
今の相場付きと相性が良いようですね。

ちなみに、
現在、ロングポジションを持っているんですが、
含み益が200PIPS弱となっていて、
こちらも利確は確実になっています。

このように、EAプログラミングセミナーは
EAの学習だけでなく、EAの運用にも使えます。

あなただけのオリジナルのEAを作ってみませんか?
EAプログラミングセミナーの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ