ジャッキー・ボリンジャーの検証~チャートの波動とロジックが合わず

ジャッキー・ボリンジャーのフォワードテスト開始から61週間経過後の
USDJPY,EURUSD,EURJPYの通貨ペア毎の収支曲線の推移をお見せします。

USDJPYはデフォルトのパラメーターでの運用、
EURUSDとEURJPYは特典として無料プレゼントしている
オリジナルパラメーターでの運用です。
jb16032701

前回は+29.66%でしたが、今回は+27.54%となっており、
この1週間で、-2.12%の減少となりました。

これまで順調に回復してきたEURUSDですが、
ここにきて収支が横ばいになりつつありますね。

また、USDJPYとEURJPYの収支も
横ばいから徐々に下向きになりつつあるように見えますので、
もしかしたら停滞期に入ってきたのかもしれません。

先週は特に大きなイベントニュースはなかったので
それなりに綺麗なチャートを描いたようですが、
ジャッキーボリンジャーとの相性はあまり良くなかったようです。

そのあたりの動きをUSDJPYで見ていきます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートで、
ジャッキーボリンジャーがどこでエントリーと決済をしたのかを示しています。
jb16032702
(B)はロングエントリーの位置を示していて、青色点線の先で決済しています。
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

チャートの形状自体は緩やかな上昇トレンドとなっていて、
1週間かけて約200PIPSほど戻しています。

“戻している”と表現したのは、
先々週のFOMC以降のドル売りによる下落があったからですね。

FOMC以降は米の利上げペースの後退思惑によって急激なドル売り反応となり、
USDJPYは短期間で大きく下げていましたが、
先週に限っては、要人発言によって早期利上げについての前向きな姿勢が
見られたことを手掛かりに
このようにドル買いによって堅調に推移する結果となりました。

通常、このような綺麗なトレンドを描いた場合は、
ジャッキーボリンジャー的には相性が良いはずですが、
今回は波動とロジックがあまり合っていなかったようですね。

最初の2つのトレードはサクサク利確できましたが、
後半の4つのトレードに関しては、逆張り的に取ったエントリー位置が浅すぎた為に
その後のトレンドに呑み込まれて損切りで終わっています。

まぁ、小幅な損失で済んだので良しとしましょう。

ナンピン無しで安心して運用したいなら
ジャッキー・ボリンジャー詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ