トレテンワールドFXの検証~エントリー頻度と利益は比例しません

トレテンワールドFXの期間限定EA(自動売買)の
唯一の不満点を挙げるとすると、
エントリー回数の少なさ
でしょうか。

今回までで10週間ほどEAを常時稼働させたことになりますが、
その間のエントリー回数は26回となっており、
1週間で2.6回という計算になります。

この数字は、USDJPY用のEA、EURJPY用のEA、EURUSD用のEA、
これら全てを稼働させたうえでのエントリー回数なので、
各EA単体で考えると、1週間に1回弱のエントリー頻度になります。

とにかくたくさんエントリーしてほしい
と考えているEA運用者にとっては不満かもしれませんが、
当然ながら、
エントリー頻度と利益は比例しません。

中には、1分足を執行時間軸にして
毎日何十回とエントリーを繰り返すEAも存在していますが、
そのようなEAのほとんどが期待値<1です。

エントリー頻度を重要視するのではなく、
フォワードテストの結果を重要視するようにして下さい。

という事で、今回の記事では、
トレテンワールドFXの期間限定EAと私からの独自特典「k-pinbarEA」の
フォワードテスト開始から10週間後の経過報告をしたいと思います。

    テスト条件

    ・初期資金30万円

    ・トレテンワールドFXの期間限定EAを
     USDJPY、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペアで同時稼働
    ・取引枚数は、それそれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

    ・私からの独自特典「k-pinbarEA」を
     USDJPY、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペアで同時稼働
    ・取引枚数は、それそれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

    ・上記の合計6つのEAを一つのMT4上で同時稼働

初期資金の金額については、各EAのエントリー回数が
それほど多くない事を考慮して決めましたが、
今後変更する可能性もあります。


今回の収益曲線(トレテンワールドFXの期間限定EA)
toreten18020401
ピンク色グラフは、USDJPY適用のEA
アクア色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、EURUSD適用のEA
そして、これら3つを合わせた総合の収益曲線が赤色グラフです。

10週間で26回ポジションを取り、
+2.24%合計+68.1PIPSの獲得となりました。

前回の記事から比較すると、獲得PIPSを多少減らしましたが、
それでも、PF=1.33なので好調キープと言えるでしょう。

通貨ペア毎に見てみると、
EURJPYが利益を先導している感じですね。

レビュー文に掲載しているEURJPY適用EAのバックテストは、
直近の収益曲線がジリ安傾向になっていてちょっと不安でしたが、
現状のフォワードテストを見る限りにおいては、特に問題は無さそうです。


今回の収益曲線(独自特典「k-pinbarEA」)
toreten18020402
アクア色グラフは、USDJPY適用のEA
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、EURUSD適用のEA
そして、これら3つを合わせた総合の収益曲線が赤色グラフです。

10週間で31回ポジションを取り、
+11.93%合計+353.4PIPSの獲得となりました。

こちらは前回の記事から更に+100PIPS以上も利益を上乗せし、
まさに絶好調と言えるでしょう。

EAは好調期と不調期を繰り返していきますが、
まさに現在の「k-pinbarEA」は好調期の真っ最中となっています。

そしてこちらも、EURJPY適用のEAが先導していますが、
現状のEURJPYの相場状況は、
トレンド転換系のEAと相性が良いんでしょうか。


上記、6つのEAを合計すると、
+421.5PIPS獲得した事になりますが、
エントリー回数が少なくても10週間でこれだけの成績は残せます。

これらトレンド転換系のEAは、
どちらかというとニッチな部類に属するので、
メインで運用するには心許ないかもしれませんが、
他のEAとは、そのロジックの部分で重なる可能性は低いので
ポートフォリオの一部としてサブで運用させてみたいEAですね。

トレンド転換場面に特化した手法とは?!
トレテンワールドFXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ