Ava Swing Systemの検証~フォワードテストから1ヶ月経過

では今回からAva Swing System(エヴァスイングシステム)の
フォワードテストの経過報告をしていきます。

といっても、まだ4週間しか経っていないので、
あまりトレードデータが貯まっていないんですけどね。

Ava Swing Systemはスイング系のEAなので
それほど頻繁にエントリーを繰り返すわけでもなく、
トレードデータの蓄積速度も遅めになってしまいます。

今回までには、まだ全部で15回しかトレードしていないので、
まずは第一弾として、参考程度に見て下さい。

ということで、
Ava Swing Systemのフォワードテスト開始から
4週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし


今回の収益曲線
ava18032401
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

4週間で15回ポジションを取り、
-3.02%合計-151.0PIPSの損失となりました。

フォワードテストから1ヶ月しか経っておらず、
EURJPYは6回、GBPJPYは9回しかポジションを立てていないので、
まだ調子云々を語るまでには至らないですが、
今のところは、多少のマイナスでの推移となっています。

残念ながらスタートダッシュとはいかなかったようですが、
このくらいのドローダウンは想定の範囲内であり、
特に問題視する必要もありません。


では次に、
GBPJPY適用EAの現時点での全ポジショニングを振り返ってみます。
ava18032402
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

上記は4週間分の1時間足チャートですが、
全部で9回エントリーしています。

最初の方に、ショートで大幅利益になってるのが目立っていますが、
これは約1週間かけて、パラメーターに設定してある
最大の利益確定幅の360PIPSを獲得しています。

それ以外のトレーディングについては
大きな傾向は見られず、マチマチでしょうか。

バックテストだとAva Swing Systemの勝率はもう少し高いハズなので、
今後に期待したいです。


ちなみに、
Ava Swing Systemのマニュアル内には、
想定ドローダウンを初期資金の20%程度“としているので、
そのレベルまで下げないようであれば、
何も変更せずに動かすべきでしょう。

もちろん私は、今後Ava Swing Systemが
どれだけ成績が下がったとしても、そして、
どれだけ成績が上がったとしても、
それらを嘘偽りなく、正直に報告していきます。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ