Ava Swing Systemの検証~最大ストップにかかるも

Ava Swing Systemのデフォルトのストップは100PIPSに設定されていて、
デフォルトのポジション数は2つになっています。

よって、負けトレードとしては、
2つのポジションが共に最大ストップにかかるケースもあって、
その場合は、合計で200PIPSの損失になります。

また、
Ava Swing SystemではEURJPYとGBPJPYで自動売買を行いますので、
最も運が悪いケースだと、この2つの通貨ペアが共に2ポジションを持ち、
その4つのポジションが全て最大ストップにかかるケースもなくはないです。

その場合は、合計で400PIPSの損失になりますが、
そんなバッドタイミングは滅多になく、
過去チャートで見ても、数ヶ月に一度、
もしくは数年に一度起こるかどうか、というレアケースでしょう。

今回はEURJPYで最大ストップにかかりましたので、
そちらの詳細も見ておきます。

では、Ava Swing Systemのフォワードテスト開始から
10週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今回の収益曲線
ava18050401
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

10週間で28回ポジションを取り、
+2.96%合計+147.9PIPSの獲得となりました。

GBPJPY用EAは相変わらずの堅調っぷりで、
ジリ高基調で収益を増やしていますが、
EURJPY用EAはまだちょっと停滞気味ですね。

4月の後半に大きく収益を減らしていますが、
これがEURJPY用EAで、
2ポジション分、最大ストップにかかった場面です。

適切な資金管理のもとで運用した場合でも、
1つの通貨ペアで最大ストップにかかると、
おおよそこのくらい収益が減ると思っておいてください。

しかし、直近では大きく挽回しており、
トータル収支もプラスになっていますので、
ひとまず静観のままで良いでしょう。


では次に、
EURJPY適用EAの直近1か月分の全ポジショニングを振り返ってみます。
ava18050402
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

4月後半にショートで踏み上げられて、
最大ストップにかかった2ポジションがありますね。

チャートで見ると、
もう少し最大ストップ幅を広く設定していたら、もしくは、
もう少し価格の上げ幅が小さかったら、
損切りにかからず戻ってくれたんですが。。。

、、、タラレバを言っても仕方なですね。

逆に、直近では2ポジションで100PIPS近く獲得しており、
結果的には収益を戻していますので良しとしましょう。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ