Splash Systemの検証~早くも1500PIPS超えで好調期をキープ

あまり煽るような表現、言い回しは使いたくないですが、
Splash Systemの勢いが止まりません!

結果から言うと、
僅か6週間で1500PIPS超え!
を達成してしまいました。

デモトレードで様子見をせず、
いきなりリアルトレードから始めた方、
おめでとうございます。

個人的には、新しく入手したEAというものは、
ある程度の期間、デモトレードを行い、
その挙動を確かめてからリアルトレードへ移行することを推奨しています。

しかし、結果論になってしまいますが、
Splash Systemに関しては、販売開始と同時に
リアル稼働した方が圧倒的に良かったようですね。

既購入者の方からもお礼のメールを頂いていますが、
まずはデモトレードから始める事を推奨している私としては、
ちょっと複雑な思いです(笑)

という事で、
Splash Systemのフォワードテスト開始から
6週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・EURJPY用EAを単体稼働
    ・取引枚数はマニュアルに従い0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今回の収益曲線
splash18060601
6週間で67回ポジションを取り、
+15.35%合計1534.7PIPSの獲得となっています。

プロフィットファクター=2.74と高数値になっており、
テスト開始以降、プロフィットゾーン(好調期)を維持しています。

上記の収益曲線を見ても明らかなように、
このEAはコツコツ負けてドカンと勝つスタイルになっています。

やはり、ピラミッティングという戦略をとっているので、
トレンドに上手く乗って、段階的に複数ポジションを取った時には、
一気に獲得PIPSを増やしていますね。


では、どのようなポジショニングとなっているのか、
先週から今週にかけてのチャートを振り返ってみましょう。

以下は、EURJPYの1時間足チャートです。
splash18060602
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

先週前半の下降トレンドの時には、
追撃ポジションが上手くハマりましたね。

次々にショートポジションを取り、
なかなか良い位置で利確しています。

また、今週に入ってからはロングポジションを4つ保有していて、
この記事を書いている時点でも、
まだ全てのポジションをキープしている様子が分かります。

このままEURJPYの上昇トレンドが継続してくれれば、
さらなる獲得PIPSの増大が望めますが、
ここからトレンド転換してしまうと、
全てのポジションが損切りになってしまう可能性もあります。

おそらく今週中には全てのポジションを閉じると思いますが、
果たしてどのような展開が待っているでしょうか。

追撃ポジションとヘッジングで柔軟に対応!
Splash Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ