Splash Systemの検証~今年に入ってからも不調継続

Splash Systemのデフォルトのパラメーター設定では
1月6日からの稼働開始となっていますので、
今年に入ってからは、まだ2週間ほどしか
動かしていないことになりますね。

また、去年末の記事でも書きましたが、
私がEA群の稼働用に利用していたFX会社(OANDA Japan)のシステム変更により、
アカウントが強制的に変更させられましたので、
今回から、つまり、今年分からEAの各種データは計測し直し、
つまり、収益曲線も最初から描き直しとなってしまう事をご了承ください。

Splash Systemの去年までの成績(33週間分)を確認したい場合は、
Splash Systemの検証~リアルトレードは一時停止を推奨
以上の記事をご参照ください。

それでは、
Splash Systemのフォワードテスト再開から
2週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・EURJPY用EAを単体稼働
    ・取引枚数はマニュアルに従い0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

現在までの収益曲線
splash19012301
2週間で15回ポジションを取り、
-2.89%合計-289.5PIPSの損失となっています。

既に去年末からドローダウンとなっていましたが、
その流れが今年に入ってからも継続しているようです。

今年に入った直後にアップルショックが起きて、
クロス円が暴落したことは記憶に新しいですが、
現在はその暴落からの戻し相場で
徐々にボラティリティが小さくなっている状況です。

残念ながら、その戻し相場の波形が
Splash Systemのロジックに合っていないようですね。

去年からの計測と合わせると、
まだまだ総合計獲得PIPSはプラス収支ですが、
前回のSplash Systemでも書きましたように、
引き続き非稼働を推奨します。


次に、直近1週間ほどのポジショニングを確認しておきましょう。

以下は、EURJPYの1時間足チャートです。
splash19012302
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

直近1週間は上下幅100PIPS強程度の狭いレンジ相場なので、
トレンド相場用のロジックであるSplash Systemには
明らかに不利な相場展開ですね。

上昇トレンドだと思ってロングしたら
下降トレンドに転換してきたので途転でショート、
しかし再び上昇トレンドへ転換してきたので途転でロング、
という繰り返しで悪循環に入っています。

日足レベルでの明確なトレンド発生まで待ちたいですが、
そうなると再稼働させるのは
まだまだ当分先のことにになるかもしれませんね。

追撃ポジションとヘッジングで柔軟に対応!
Splash Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ