Splash Systemの検証~稼働開始から1ヶ月経たずに500PIPS超え

読者様から、

●●のサイトでは、Splash Systemは
 デイトレからスキャルピングよりのロジック
 と書いてあったのですが本当ですか?

という主旨の質問メールを頂きました。

私は他様のサイトはほとんど見ないので、
●●のサイトでもどのような文章の流れで
そのように書いているのか分かりませんが、
ハッキリしている事実として、
Splash Systemはスキャルピングよりのロジックではありません。

これまでの検証の結果からは、
どちらかというとデイトレからスイングよりのロジック
となっていることは明らかです。

スキャルピングというからには、
数分で、長くても1時間以内で決済する必要がありますが、
Splash Systemの過去チャートでの検証からは
1時間以内で決済するケースは非常に稀です。

しかし、数日間ポジションを保有するケースは多いので、
デイトレ~スイング系のEAとなります。

以前からそうなのですが、

●●サイトでは▲▲と書かれているんですが本当ですか?

というように、
私に真実を、真偽を、確かめるような質問をよく頂きます。

私を信頼してくださるのはとてもありがたいですが、
他様のサイトに迷惑がかからないようにお願いします。

では今回から、
Splash Systemのフォワードテストの経過を掲載していきます。

まだフォワードテスト開始から3週間だけですが、
Splash Systemでは頻繁にエントリーしますので、
データは貯まりやすくなっています。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・EURJPY用EAを単体稼働
    ・取引枚数はマニュアルに従い0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今回の収益曲線
splash18051401
3週間で30回ポジションを取り、
+5.67%合計+567.1PIPSの獲得となりました。

フォワードテスト開始からまだ1ヶ月も経っていませんが、
早くも500PIPS超えの利益となっており、
好調なスタートダッシュを決めることができました。

追撃ポジション“というトレードスタイルだけあって、
トレンドに乗ってポジションを追加した時には
大きく勝っていますね。


では、実際にどのような位置でポジショニングしているのか、
これまでの全トレードをチャートから振り返ってみましょう。

以下は、EURJPYの1時間足チャートです。
eurjpy1h18051402
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

このように、テスト開始以降のEURJPYは、
わりと綺麗な下降トレンドが続いていたので、
順張り系のSplash Systemとは相性が良かったんでしょう。

ロジック的に苦手と思われるトレンド転換場面も
今のところは最小限の損切りで乗り切っています。

バックテストの結果と比較すると、明らかに成績が良過ぎるので、
現在はプロフィットゾーンの期間なんでしょうね。

追撃ポジションとヘッジングで柔軟に対応!
Splash Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ