Ava Swing Systemの検証~6トレード連続の100PIPS損切り。。。

GBPJPY適用のEAが好調で、
EURJPY適用のEAが不調になっている現状を踏まえて、
前回のAva Swing Systemの記事の中で、

さて、今後の方針についてですが、
 現状のEURJPY適用EAの停滞が気になるなら、
 収益率が0%を超えるまで一旦非稼働にして、
 GBPJPY適用EAだけを稼働するという戦略もありです。

と書いたのですが、その後の経過を見ると、
どうやら上記の戦略に従った方が良かったようですね。

詳しくは以下で述べますが、
その後もEURJPY適用EAの不調が続いており、
ドローダウン真っ最中となっています。

では、Ava Swing Systemのフォワードテスト開始から
19週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今回の収益曲線
ava18070701
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

19週間で46回ポジションを取り、
-1.01%合計-50.5PIPSの損失となりました。

前回までは合計で+300PIPS超えの好調となっていたんですが、
その後、上記の収益曲線からも分かる通り、
6トレード連続で最大ストップにかかってしまい、
一気にマイナス収支に転落してしまいました。。。

その原因は、EURJPY適用EAの不調ですね。

GBPJPY適用EAに関しては、短期的に落ち込む事があっても
すぐに回復してくれていますが、
EURJPY適用EAは、一方的なドローダウンとなっています。


直近1か月分のEURJPY適用EAのポジショニングを振り返ってみます。
ava18070702
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

チャート波形とEAロジックとの相性が悪いようで、
見事なまでに往復ビンタ状態になっています。。。

EURJPYの日足チャートもトレンド状態ではないので、
今のところは回復の兆候、希望は薄いと判断した方が良さそうです。

ここまでドローダウンが続いてしまっては、
EURJPY適用EAは非稼働にして、
当面は、GBPJPY適用EAだけを稼働すべきでしょう。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

余談ですが、私の自作EAに関しても、
EURJPY適用のものが調子を崩しており、
どうやら今のEURJPYの流れ、波形は、
トレンドフォロー系EAには向いていないようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ