FX Realizeの検証~インジケーターとEAは同じ挙動?

FX Realizeでは、シグナル売買用インジケーターと自動売買用EA、
この2種類が提供されています。

そして、これらは同じロジックになっているので、
同じ位置でエントリーし、
同じ位置で利確し、
同じ位置で損切りするようになっています。

つまり、
インジケーターがエントリーのシグナルを出した時に
EAでは自動でエントリーされ、
インジケーターが利確のシグナルを出した時に
EAでは自動で利確され、
インジケーターが損切りのシグナルを出した時に
EAでは自動で損切りされるようになっています。

しかし、これはあくまでも “基本的には” という条件付きです。

なぜなら、インジケーターとEAで同じロジックだとしても、
FX会社の違い、スプレッドの違い、スリッページの違い、
通信環境の違いなどによって、
配信レートが微妙に異なってくるからです。

配信レートが異なれば、
それに基づくローソク足の4本値も異なってくるので、
インジケーターではシグナルが出るけれども、
EAではエントリーされないケースも起こり得ますし、
それとは逆に、
インジケーターではシグナルが出ないけれども、
EAではエントリーされるケースも起こり得ます。

これは同じFX会社の同じMT4で、
インジケーターとEAを同時に動かしていても起こり得ます。

私の場合、FX Realizeでトレードする際には、
インジケーターもEAもTradeviewというFX会社を利用していますが、
これまで検証してきた限りにおいては、
インジケーターとEAとでは、ほとんど同じ挙動だと確認しています。

しかし、たま~~~にですが、
インジケーターではシグナルが出て、
EAではエントリーされないケースも見かけます。

おそらくこの原因は、EA側のロジックに含まれている
スプレッドやスリッページの広さによって
エントリーを制御しているからだと思われます。

もしくは、インジケーターとEAとで、
微妙な細かいロジックの相違があるのかもしれませんが、
そのあたりは実際にプログラミングしていない私には分かりません。

どちらにせよ、インジケーターとEAとでは
同じ挙動だという認識で臨んでいただいて構いません。

同じMT4内でインジケーターとEAを同時に稼働

昨日のお昼頃から深夜2時頃まで、
同じMT4内でインジケーターとEAを同時に稼働してみました。

今回はインジケーターが出すエントリーや決済などのシグナルと
EAが出すエントリーや決済などの自動売買の同一性を
確認することが目的のため、裁量判断は一切なく、
放ったらかしでのEA稼働です。


USDJPYの15分足チャート
(+6時間で日本時間)(左クリックで別窓拡大)
realize19062701
まず、インジケーターが出したシグナルを確認すると、
東京時間に上向きアクア色矢印上向き青色矢印が出現しており、
それらは共に、黄色チェックマークで利確になっています。

そして、ロンドン時間以降になると、
2度目となる上向きアクア色矢印上向き青色矢印が出現しており、
それらは共に、黄色チェックマークで利確になっています。

次に、EAの挙動を確認すると、
小さくて見えにくいかもしれませんが、
インジケーターでのロングエントリーのシグナルである
上向きアクア色矢印上向き青色矢印と同じ位置に
横向き青色矢印が見えますね。

これがEAでのロングエントリーを表しており、
そこから右肩上がりの青色破線が引いてあり、
その先の小さい三角青色マークで決済となっています。

つまり、インジケーターが出したエントリーシグナルと
EAが出したエントリーは同じタイミングであり、
その後、インジケーターが出した利確シグナルと
EAが出した利確も同じタイミングだったわけです。

要するに、4回トレードをして4連勝で終わっていますが、
それら全てのタイミングが全く一緒になっています。


EURUSDの15分足チャート
realize19062702
昼過ぎからインジケーターとEAを稼働したので、
緑色枠の部分に注目してください。

トレードの間隔が狭いので分かり難いかもしれませんが、
インジケーターが出したシグナルを確認すると、
下向きオレンジ色矢印でショートエントリーし、
その直後の黄色チェックマークで利確。

さらに、下向きオレンジ色矢印で2度目のショートエントリー、
下向き赤色矢印で追加のショートエントリー、
そして、ピンク色チェックマーク
これら2つのポジションが損切りになっています。

次に、EAの挙動を確認すると、
小さくて見えにくいかもしれませんが、
インジケーターでのショートエントリーのシグナルである
下向きオレンジ色矢印下向き赤色矢印と同じ位置に
横向き赤色矢印が見えますね。

これがEAでのショートエントリーを表しており、
その後の小さい三角赤色マークで決済、
EAでの損切りはピンク色チェックマークになります。

つまり、3回トレードしていて1勝2敗で、
これら全てでインジケーターとEAは同タイミングになっています。


result19062703
結局この日は9回エントリーして5勝4敗、
合計+45.3PIPSの獲得となりました。

これら以外にもGBPUSDでもエントリーしましたが、
やはり、インジケーターとEAは同タイミングでした。
(EURJPYとGBPJPYはノートレード)

今回のトレードでもそうでしたが、
これまでFX Realizeでトレードしてきた限りにおいては、
インジケーターとEAは同じロジックであり、
同じタイミングでエントリー、及び、決済していると
考えて良いでしょう。

なので、どちらが有利不利というものは無く、
自分の生活スタイルに合わせて
好きな方を使ってくださいという結論になります。

シグナル売買と裁量ノウハウの合わせ技!
FX Realizeの全てを検証しているレビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ