Bear Time FX~6月のEURJPYのアノマリー!?

直近のEURJPはボラティリティが大きい展開が続いています。

月初にはイタリア政局不安がありましたし、
ECB理事会でのハト派的な発言によりユーロの急落、
トランプ大統領による貿易戦争の対象がEAにも拡大する懸念、
さらには、直近には移民問題の合意などもあり、
6月はEURJPYにとっては、上にも下にも大きく振れる展開の月でした。

このようなニュースに振らされて、乱高下っぽい動きの時には、
EAにとっては相性が悪い相場付きといえます。

しかし、運良く、というか、アノマリーというわけでもないですが、
私の独自特典であるK-BTF-EURJPYは
6月にはショートしない設計になっています。

過去10年分のバックテストの検証から導き出された結果なんですが、
なぜか6月のショートの成績だけが異常に悪かったので、
6月のショートに関してだけは、
全くエントリーしないようになっています。

それが功を奏したようで、
今年の6月分も手動で検証してみたところ、
やはり、ショートはマイナス収支になっていたので、
エントリーしなくて正解だったようです。

ということで、まずは、
フォワードテスト開始から約52週間経過後の収益曲線を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・Bear Time FX v2v3(売り買い両方)
    ・ロット数0.5(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

    ・K-BTF-EURJPY(バージョン2)
    ・ロット数0.2(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

マニュアル内では、
10万円に対して0.2ロットでの運用を推奨していますが、
個人的には多過ぎると判断していますので、
上記のような少なめのロット数での運用としました。

今回の収益曲線
btf18063001
Bear Time FX v2v3の成績の推移は紫色グラフ
独自特典「K-BTF-EURJPY」の成績の推移はピンク色グラフ
そして、この2つを併せた総合の収益曲線が赤色グラフです。

52週間で331回ポジションを取り、
+7.15%トータルで+175.4PIPSの獲得となっています。

EA別の成績は、
Bear Time FX v2v3は、+121.1PIPSの獲得
K-BTF-EURJPYは、+54.3PIPSの獲得
です。

前回の個別記事から約4週間経ちましたが、
最もエントリー回数が多いK-BTF-EURJPYのショートがお休み状態なので、
獲得PIPSはほとんど変わっていませんね。

Bear Time FX v2v3は微幅増で、
K-BTF-EURJPYは微幅減となっています。

何気にBear Time FX v2v3は好調をキープしていて、
まもなく過去最高益までに届きそうな位置まで上げてきています。


では、月の切り替わりという事で、
今年以降の月別の成績をお見せします。
btf18063002
上記は今年1月から6月までの月別獲得PIPSですが、
3月、4月にマイナスになっている事が分かります。

右下のグラフは、通貨ペア別の平均保有時間ですが、
EURJPYのショートに関しては全くエントリーしていないので、
赤色グラフは存在していません。

6月は全体的に絶好調というわけではなかったですが、
概ね及第点を付けられる成績だったと言えるでしょう。

日本企業の実需要因に注目とは!?
Bear Time FXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ