FOREX SHOGUNの検証~上昇トレンドをショート主体で

FOREX SHOGUNはカウンター型のEAなので、
エントリーのタイミングとしては逆張り的になります。

つまり、上がっている最中にショートを仕込んでいきますし、
下がっている最中にロングを仕込んでいきます。

このEAを開発したトレーディングオフィス社の意図としては、
先回り的にポジションを持つ事で
その後の急落や急騰に乗れるようにしているロジックです。

しかし、毎回上手く行くわけではなくて、
上昇トレンド時に近々来るであろう下落に備えて、
先回り的にショートポジションを持ったとしても、
その後も上げ続けるケースもあります。

同様に、
下降トレンド時に近々来るであろう上昇に備えて、
先回り的にロングポジションを持ったとしても、
その後も下げ続けるケースもあります。

その場合は損切りとなってしまうのですが、
FOREX SHOGUNのロスカット幅は、
デフォルトで最大110PIPSと決めらえているので、
それ以上の損失を被る事はありません。

決して損失幅の分からないナンピンではないので安心してください。

という事で、FOREX SHOGUN(フォレックス将軍)のフォワードテスト開始から
18週間経過後の収益曲線の推移を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shogun17052801
18週間で74回ポジションを取り、
+6.73%の利益トータルで+603.4PIPSの獲得
となっています。

前回の記事からは獲得PIPSを減らしてしまいましたが、
まだまだ収益曲線も上向きですし、特に問題はないでしょう。

ちなみに、上記の収益曲線の中に、
縦長赤棒青色丸枠をしている箇所が2つありますが、
これが最大ストップ値にかかった場面です。

全部で3ポジションを持ってのストップなので、
合計で-330PIPSになりますが、
一番大きく負けるとこのくらいになると分かっていれば、
精神的にも安心できるでしょう。

まだ期間的に短いのでハッキリは言えませんが、
3ヶ月に1回くらいの割合で
このような最大幅のストップにかかるんでしょうか。

また、以下は先週1週間分のEURUSDのチャートで、
FOREX SHOGUNがどこでエントリーと決済をしたのかを表しています。
shogun17052802
(S)はショートエントリーの位置を示していて、
赤色点線の先で決済しています。

最近のEURUSDは全般上昇トレンドになっていますが、
FOREX SHOGUNは逆張り的にエントリーを行うので、
その上昇トレンドの中をショート中心にエントリーをしてます。

今回も3つポジションを取りましたが、
上手く逃げた、というか小幅損切りで終わらせてくれました。

もしかしたら、
FOREX SHOGUNは日足レベルでの一方的なトレンドには
弱いのかもしれませんね。

テクニカル指標をほとんど使わない実践的なロジック
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ