FOREX SHOGUNの不調の原因は週足チャートに?

トレンドフォロー型のEAの場合、
トレンドが継続してくれた方が利益になりやすいですし、
カウンター型のEAの場合、
トレンドが転換してくれた方が利益になりやすいです。

FOREX SHOGUNの場合は、カウンター型のEAに属しますので、
トレンドが転換してくれた方が利益になりやすいです。

また、FOREX SHOGUNは数日間ポジションを持つスイング系のEAなので、
環境認識的には週足チャートの形状に影響されると思ってよいでしょう。

つまり、FOREX SHOGUNにとっては、
週足チャートでトレンドが継続している状態が
最も苦手とする相場状況といえます。

そのあたりの見解をこの記事の後半で解説しておきます。

では、フォワードテスト開始から47週経過後の収益曲線の推移です。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shogun17121701
47週間で192回ポジションを取り、
-11.62%トータルで-1048.1PIPSの損失
となっています。

最近1ヶ月は最大ストップにかかる事もなく、
収益を回復させていますが、
上記のグラフを見る限りにおいては、
まだまだドローダウンの最中という認識です。

上記のグラフが明確な上昇転換を見せるまでは、
リアルトレードでの運用は控えた方が良いです。


さて、FOREX SHOGUNのドローダウンが、
なぜこれほどまでに長引いているのか、
その原因について考察してみましょう。

まず、上記のグラフでは今年の5月12日を頂点して
収益が下り坂になっています。

そして先に、
スイング系カウンター型のFOREX SHOGUNにとっては、
週足レベルでトレンドが継続している状態が最も苦手としました。

それらを踏まえて
EURUSDの週足チャートを見てみましょう。
eurusd1w17121702
赤色縦ラインが5月12日ですが、その日以降のチャートは、
+1σに沿った綺麗な上昇トレンドになっていますね。

FOREX SHOGUN的には、この上昇トレンドの中、
近い将来の下落を予想して売り仕掛けているんですが、
結果的には、そのまま上昇トレンドが継続しています。

つまり、この上昇トレンド中にショートポジションを取っており、
それを数日間持ち続けているので、
どうしても損切りになりやすいんですね。

おそらくこれが不調の原因だと推測されます。

しかし、最近になって上昇トレンドも終わり、
ボリンジャーバンドも収束し始めているので、
もしかしたら、FOREX SHOGUNにとって
良い相場状況になりつつあるのかもしれません。

テクニカル指標をほとんど使わないロジック?!
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ