FOREX SHOGUNの検証~現在はフラットゾーン期間か?

通常のトレンドフォロー型EAの場合は、
日足や4時間足などの大きな時間軸が
上昇トレンド、もしくは、下降トレンドの時には
成績が良くなる傾向にある事はハッキリしています。

そして、持合相場の時には
成績が悪くなる傾向になる事もハッキリしています。

それに対して、FOREX SHOGUNはトレンドに対して、
逆張り的にポジションを積み増ししていく
カウンター型のトレーディングを行いますので、
得意な相場や苦手な相場が判断しづらいですね。

ロジックが未公開なので、
利用する立場としては推測するしかありませんが、
これまでの傾向からすると、
一方的に続くトレンド相場に関しては苦手なようです。

では、フォワードテスト開始から25週経過後の収益曲線の推移を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shoun17071601
25週間で112回ポジションを取り、
+5.01%の利益トータルで+448.1PIPSの獲得
となっています。

見ての通り、5月以降は調整が続いていますが、
いわゆる、”フラットゾーン“期間にあるようです。

5月以降のEURUSDは日足チャートで見ると、
全般的に上昇トレンドとなっているので、
それが影響しているんでしょうか。

参考までに、ポジション別の獲得PIPSの推移を見てみると
以下のようになっています。
position17070602
緑色グラフは、ロングポジションの総獲得PIPSの推移、
赤色グラフは、ショートポジションの総獲得PIPSの推移です。

5月以降の上昇トレンドの局面では、
確かにショートの成績が下落傾向にありますね。

やっぱり、日足チャートのトレンドは成績に影響するようです。

独自特典「EA01-K-Break3」が最近エントリーするようになった?

前回のFOREX SHOGUNの記事で、
EA01-K-Break3がなかなかエントリーしない」件について
その理由を説明しましたが、
最近のEURUSDの日足チャートでは、
日足のATR(11)が0.0071以上
を、僅かにですが、継続的に満たしているので、
ようやくエントリーするようになってきたようです。

参考までに、
先週1週間分の「EA01-K-Break3」のトレードは以下です。
result17071603
これは私のVPS環境で動かしているフォワードテストですが、
合計で5回エントリーしたようです。

もちろん、FX会社の配信レートの違いによって
エントリーの時間帯が多少ズレたり、もしくは、
エントリーする or しない の違いも出てくる可能性もありますが、
「EA01-K-Break3」を稼働している方は、
私と同じポジショニングになったかどうか、参考にしてください。

テクニカル指標をほとんど使わない実践的なロジック
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ