FOREX SHOGUNの検証~-1000PIPS以上の損失。。。

FOREX SHOGUNは5月の中旬以降、
綺麗な(笑)右肩下がりの収益曲線を描いており、
現在も回復の兆しを見せていません。

この事実は販売元のトレーディングオフィス社も認識していて、
会社が運営しているブログで公開しているフォワードテストでも
直近の成績は以下のように急激に落ち込んでいます。
graph17111601
最近では、実行ファイルをバージョン2.7にアップしたんですが、
その成果も現れていないようです。

しかし、
自社のEAの成績が落ち込んでもフォワードテストを公開せずに
そのまま売り続ける会社が多い中、
トレーディングオフィス社では、自社のサイトで
フォワードテストを公開しており、
成績が落ち込むと一旦販売を停止するケースもあって、
そうした方針に、私は好感を持っています。

私の勝手な推測ですが、このまま成績が回復しないとなると、
FOREX SHOGUNも一旦販売停止となる可能性も出てきそうです。

では、フォワードテスト開始から42週経過後の収益曲線の推移です。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shogun17111602
42週間で180回ポジションを取り、
-13.42%トータルで-1209.2PIPSの損失
となっています。

残念なことに、またしても今週も3つのポジションで
最大ストップにかかってしまいました。

損失幅も-1000PIPSを越えて、
最近では記事を書くたびに
最大ストップにかかっているような感じですね。

参考までに、直近のEURUSDの1時間足チャートを見てみましょう。
shogun17111603
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

先週から緩やかな上昇トレンドが続いていて、
その上昇トレンドの後半でショートを仕掛けたつもりのようでしたが、
そこから更に上げが加速して、
3ポジションとも最大ストップの-110PIPSで損切りとなっています。

ここ数ヶ月は、チャートの動きとFOREX SHOGUNとの相性が
最悪状態となっていますが、はたしていつまで続くんでしょうか。

もちろん、リアルトレードは一旦停止する事をお勧めします。

テクニカル指標をほとんど使わないロジック?!
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ