FOREX SHOGUNの検証~収益がマイナスに転落

FOREX SHOGUNとEURUSDの日足レベルにおけるトレンドの関連性については
過去の記事でも何度か指摘していますが、
現在、EURUSDの日足レベルの上昇トレンドは
終わったとは言えない状況ですね。

以下がEURUSDの日足チャートです。
eurusd1d17090301
8月中にボリンジャーバンドが収縮し始め、
今後は持合に移行するかと思ったんですが、
先週には早くも高値を更新してきています。

それが影響してか、
先週は久しぶりに最大ストップにかかってしまいましたので、
今回はそのあたりの状況もチャートで確認しておきます。

以下は、フォワードテスト開始から32週経過後の収益曲線の推移です。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shogun17090302
32週間で145回ポジションを取り、
-1.2%の成績トータルで-114.2PIPSの損失
となっています。

久し振りにマイナス収支に落ち込んでしまい、
上記の収益曲線の流れから判断しても
まだドローダウンから回復していないと言わざるを得ないでしょう。

先週に、最大ストップにかかったトレードがその原因ですが、
その時のチャートを見てみましょう。
shogun17090303
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

週初の月曜日にショートの3ポジションを保有しましたが、
踏み上げられてしまい、丁度チャートの天井付近で
最大ストップ幅の110PIPSで全て損切りさせられました。。。

週中にはリベンジで再びショートポジションを2つ持ちましたが、
週初の損失を埋め合わせるまでには至っていません。

EURUSDの日足チャートを見ると、
かなりの長期間上昇トレンドとなっており、
直近も崩れそうで崩れない状態となっているので、
何とも悩ましいですね。

ちなみに今週はECB理事会があり、
それによってはEURUSDは上にも下にも大きく動く可能性があるので、
その時点でFOREX SHOGUNがポジションを持っていたら
影響必須となるでしょう。

リアルでは稼働させるべきか、止めておくべきか、
こちらの判断も悩ましいところです。

テクニカル指標をほとんど使わない実践的なロジック
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ