FOREX SHOGUNの検証~本格的な不調期に

FOREX SHOGUNの販売元であるトレーディングオフィス社からは
「トレーダー通信」というメルマガが定期的に発行されています。

そしてその中で、EAの実績推移の報告があるのですが、
FOREX SHOGUNは本格的な不調期に入った
という文言もあり、
販売元も最近の不調を認めています。

私の最近のフォワードテストの経過を見ても、
まだ回復の兆しが見えていないので、
リアル運用をしている方は一旦の稼働停止なども
検討した方が良いのかもしれません。

では、フォワードテスト開始から37週経過後の収益曲線の推移です。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・東京時間のポジション最大2
    ・ロンドン時間のポジション最大1
    ・ロット数0.1(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

今回の収益曲線
shogun17100801
37週間で161回ポジションを取り、
-6.82%トータルで-625.1PIPSの損失
となっています。

前回のFOREX SHOGUNの記事で
バージョンアップした旨を書きましたが、
その後もまたしても最大ストップにかかって、
-330PIPSの損失を喰らっています。。。

まだ、バージョンアップの効果は表れていないですが、
今後の復調に期待したいですね。

参考までに、直近2週間分のEURUSDの1時間足チャートを見てみましょう。
shogun17100802
(B)はロングエントリーの位置を示していて、青色点線の先で決済しています。
(S)はショートエントリーの位置を示していて、赤色点線の先で決済しています。

これまではEURUSDの上昇トレンドに逆らい、
ショートで踏み上げられたケースが多かったですが、
今回はEURUSDの下降トレンドに逆らい、
ロングでストップにかかりました。

う~ん、やはりチャートの動きとFOREX SHOGUNのロジックが
合っていないようですが、
もうしばらく辛抱の期間が続くのでしょうか。

テクニカル指標をほとんど使わない実践的なロジック
FOREX SHOGUNの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ