Ava Swing Systemの検証~トルコ不安による明確な下降トレンドでしたが

1週間ほどお盆休みを取らせて頂きましたが、
もうそろそろ通常の生活スタイルに戻ろうかと思っています。

お盆休み中もチャートとニュースはチェックしていましたが、
話題の中心はトルコ通貨危機でしたね。

トルコリラ安がトルコ債権の不良化を招き、
欧州の銀行に悪影響を及ぼすとの懸念からユーロ売り、
と同時に、いつも通りのリスク回避の円買いも重なり、
EURJPYは日足レベルで明確な下降トレンドになりました。

通常、日足レベルでトレンドが発生すれば、
Ava Swing Systemなどのスイング系トレンドフォロー型のEAは
大きな恩恵を受けるはずですが、果たしてどうなったでしょうか?

では、Ava Swing Systemのフォワードテスト開始から
26週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

今回の収益曲線
ava18082201
ピンク色グラフは、EURJPY適用のEA
紫色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

26週間で57回ポジションを取り、
+4.45%合計+222.7PIPSの獲得となりました。

8月に入って以降はトルコ通貨危機の影響で
EURJPYもGBPJPYも日足レベルでの明確な下降トレンドですが、
結果としては、前回の記事からは小幅マイナスになっています。

う~ん、スイングに有利な日足レベルでのトレンドでしたが、
今回は上手く乗れなかったようです。

というか、ポジショニングを確認してみましたが、
Ava Swing Systemのロジックと合致していなかったようで、
今回の下降トレンドでは、ほとんどエントリーしていませんでした。

まぁ、仕方ないです、こういう時もあります。

通貨ペア別の収益を確認すると、
GBPJPY適用のEAは、相変わらず好調をキープ、
EURJPY適用のEAは、相変わらず停滞中となっているので、
引き続き、GBP適用EAだけを稼働させ、
EURJPY適用EAは非稼働を推奨します。


参考までに、
GBPJPY適用EAのポジション別の収益曲線を掲載します。
ava18082202
緑色グラフはロングポジションの合計獲得PIPS、
赤色グラフはショートポジションの合計獲得PIPSを表しています。

見てのとおり、テスト開始以降、
ショートポジションの成績は極めて安定していて
右肩上がりの収益となっていますね。

よって、さらに稼働を絞り込むなら、
GBPJPY適用EAのショートだけを稼働させる方法も有りです。

GBPに関しては、”合意なきブレグジット“のリスクが
中期的な市場のテーマになっていそうなので、
今後も引き続き、GBPJPYは弱含みの展開が優勢でしょうか。

となると、
しばらくはGBPJPY適用EAのショートは機能しそうです。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ