Ava Swing Systemの検証~両建てになるケースもありますが

Ava Swing Systemでのポジショニングを確認してみると、
時折、ロングとショートの両方のポジションを
持っている状態になるケースがあります。

つまり、ロングのポジション保有中にショートエントリーしたり、
ショートのポジション保有中にロングエントリーしたりするんですね。

これは、見た目には両建てになりますが、
おそらく”ヘッジ”という意味合いとは異なっていると推測されます。

一般的なヘッジの意味としては、
これ以上含み損を大きくしないために
一時的に逆のポジションも取って損失額を限定する行為です。

しかし、Ava Swing Systemでの両建ては、
損失額を限定するという意味よりも、
“逆向きのエントリー条件に一致したからエントリーしただけ”
のように思えます。

エントリーや決済の位置から判断すると、
ロングとショートは互いを意識せずに
独立してエントリーしているのでしょう。

もちろん内部ロジックは分からないので推測の域を出ませんが。

では、
Ava Swing Systemのフォワードテスト再開から
18週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

現在までの成績
ava19051901
紫色グラフは、EURJPY適用のEA
ピンク色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

18週間で38回ポジションを取り、
+11.47%合計+573.6PIPSの獲得となりました。

前回の記事からは微幅に獲得PIPSを減らしましたが、
ほぼ横ばいに推移していると言って良いでしょう。

しかし、今年に入ってからの好調キープは変わっておらず、
1か月平均で約+100PIPS獲得している訳ですから、
ポートフォリオの構成要因としては十分ですね。

引き続き、GBPJPY適用EA、EURJPY適用EAともに
稼働させることを推奨します。


参考までに、
直近3ヶ月程度のEURJP適用EAのポジショニングを確認しておきます。
ava19051902
()はロングで、青色破線でエントリーと決済を表し、
()はショートで、赤色破線でエントリーと決済を表しています。

いい感じにトレンドに乗れていますね。
また、時折両建てになってることも分かります。

今週は欧州議会選挙があるので、
ユーロも多少影響を受けるでしょうが、
EAを止めるほどのことでもないでしょう。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ