Ava Swing Systemの検証~適度なドローダウンは健全なEAの証拠

EAは固定のロジックなので、
安定して勝ち続けられるわけではありません。

その時の相場との相性が良ければ勝てる確率が高くなりますし、
その時の相場との相性が悪ければ負ける確率が高くなります。

そういうものです。

私はこれまで数多くのEAを見てきましたが、
毎週、毎月、必ず勝ち続けているEAには
出会ったことがありません。

中には、毎週、毎月勝ち続けているように”見える“EAはありますが、
実際のところは、ナンピンしたり、含み損を放置したままだったりと、
まともなEAでは無いケースがほとんどです。

適度なドローダウンは受け入れるようにしましょう。

では、
Ava Swing Systemのフォワードテスト再開から
23週間経過後の成績を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金50万円
    ・EURJPY用EA、GBPJPY用EAを同時稼働
    ・取引枚数は、それぞれ0.1ロット(単利)
    ・パラメーターは変更なし

現在までの成績
ava19062301
紫色グラフは、EURJPY適用のEA
ピンク色グラフは、GBPJPY適用のEA
赤色グラフは、この2つを合わせた合計の収益曲線です。

23週間で48回ポジションを取り、
+17.06%合計+852.9PIPSの獲得となりました。

相変わらず好調をキープしており、
収益も+800PIPSを超え、最高益圏に位置ていますね。

昨年まではEURJPY適用EAが不振でしたが、
今年以降は、順調な右肩上がりのグラフを見せています。

しかし、PF=1.71ですので、ちょっと好調過ぎでしょうか。
もうそろそろ軽いドローダウンは
注意した方が良いかもしれません。

現状、特に大きな問題点は無く、
引き続き、GBPJPY適用EA、EURJPY適用EAともに
稼働させることを推奨します。


参考までに、今年以降の月別成績を確認しておきます。
ava19062302
Ava Swing Systemはスイング系のEAですので、
月別に見た場合、このくらいの獲得PIPSのブレはあるものです。

6月は特にEURJPY適用EAの取引回数が多くなっていますが、
日足レベルでトレンドが明確になっている影響が大きいんでしょう。

予兆判定型トレンドフォローロジックって何?
Ava Swing Systemの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ