Bear Time FX~日足チャートが上昇トレンドへ転換か!?

USDJPYとEURJPYの日足チャートを確認してみると、
もうそろそろ上昇トレンドへ転換しそうな
チャートパターンになってきました。

以下は、EURJPYの日足チャートですが、
Wボトムを形成したのち、
そのネックラインであるオレンジライン
最新のローソク足で越えてきました。
eurjpy1d18041701
移動平均線も上を向いていて、
200日移動平均線も越えてきており、
ボリンジャーバンドも拡大してエクスパンション模様なので、
現状はどう見ても上優勢の展開です。

このまま上昇トレンドへの転換が明確になると、
ショート主体のK-BTF-EURJPYは苦戦を強いられる可能性が高いです。

よって、運用する場合は注意が必要で、
もしも、柔軟に対応できる方なら、
一旦、稼働停止を検討しても良さそうな局面となっています。

では、
フォワードテスト開始から約42週間経過後の収益曲線を掲載します。

    テスト条件

    ・初期資金100万円
    ・Bear Time FX v2v3(売り買い両方)
    ・ロット数0.5(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

    ・K-BTF-EURJPY(バージョン2)
    ・ロット数0.2(単利)
    ・その他の設定はデフォルトのまま

マニュアル内では、
10万円に対して0.2ロットでの運用を推奨していますが、
個人的には多過ぎると判断していますので、
上記のような少なめのロット数での運用としました。

今回の収益曲線
btf18041702
Bear Time FX v2v3の成績の推移は紫色グラフ
独自特典「K-BTF-EURJPY」の成績の推移はピンク色グラフ
そして、この2つを併せた総合の収益曲線が赤色グラフです。

42週間で281回ポジションを取り、
+3.31%トータルで+49.6PIPSの獲得となっています。

EA別の成績は、
Bear Time FX v2v3は、+70.6PIPSの獲得
K-BTF-EURJPYは、-21.0PIPSの損失
です。

前回の検証記事から比較すると、
Bear Time FX v2v3はドローダウンから回復して
獲得PIPSを増やしていますが、
K-BTF-EURJPYはドローダウンが継続してしまい、
獲得PIPSがマイナスに転落してしまいました。

3月までは両EAとも好調に推移していましたが、
4月に入って以降は、共に調子を落としていますね。

そのあたりのポジション状況を以下に確認しておきます。

EURJPYの1時間足チャート
btf18041703
(B)はBUYで、青色点線矢印がエントリーと決済を表し、
(S)はSHORTで、赤色点線矢印がエントリーと決済を表しています。

う~ん、やはり上昇トレンドが続くと
ショートにとっては、分が悪いですね。

成績としては、2勝3敗ですが、
小さめの利益と大きめの損切りによって、
負け幅のほうが大きくなっています。

どうなんでしょうか、K-BTF-EURJPYに関しては
上昇トレンドの時にはショートしないように
もう少しプログラムを改良すべきなんでしょうか?

まだ決断するには早過ぎますが、
もしも今後、ドローダウンが継続して、
収益の最安値を更新するようなら
再度プログラムの見直しを検討します。

日本企業の実需要因に注目とは!?
Bear Time FXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

自作EA



カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ